「手ぶらは無理」な女性に男性が反論 外出に荷物が多くなる人たち

小さなバッグのほうが、女子力が高いと言われても…

ライフ

2018/06/28 12:00

(AH86/iStock/Thinkstock)

出かける時、同じ場所に行くはずなのに人によって荷物の量が全く異なることがある。お互いに、「なんでそんなに荷物が少ないの?」「何を持ってきたの?」と疑問に思うことも。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,361名に「外出時の荷物について」の調査を実施。

「外出のときには、どうしても荷物が多くなってしまう」と答えた人は、全体で36.3%と一定数いることが判明した。男女間で差があるのか、気になるところだ。


 

■男子は手ぶらで外出も

性年代別では、すべての年代で女性のほうが圧倒的に高い割合になっている。

外出時は荷物が多いグラフ

街中では、手ぶらで歩く男性も多く見られる。

「鞄なんて、別にいらない。財布をポケットに入れて、手ぶらで電車に乗ることも多い」(20代・男性)


荷物が多い女性からすれば、うらやましい限りだ。


関連記事:NEWS小山に復帰疑惑や女性口説き報道 「山口メンバーと違いすぎ」の声が相次ぐ

 

■女性は手ぶらができない

女性のバッグの中には、なにが入っているのだろうか。

「財布や化粧ポーチ、替えのストッキングなど、出かけるときには必要なものがいっぱい。男性みたいに、手ぶらで歩くわけにはいかない」(30代・女性)


ファッション性を考えるならば、小さいバッグのほうがいいと言われている。しかし、用心深い女性には、それが難しいのかも。

「バッグの中をよく見ると、いらないものも入っている。読みかけのまま放置した本とか、買って開けてない商品まで…。ちゃんと整理すれば、もう少し小さなバッグが使えそう」(20代・女性)


たとえ小さなバッグを用意しても、荷物が入らずに困るはめに…。

「小さなバッグを購入しても、荷物が入らないから他にトートバッグなどを用意することになる。それでは見た目がスマートじゃないから、おしゃれにならない」(20代・女性)


■女子力が高いのは荷物が多いほうかも

荷物の少ない女性は、モテ度が高いとの意見もある。しかし、荷物の多い女性は、準備を怠らない几帳面な性格といえるだろう。

「のど飴や絆創膏も常備しているから、いざというときに対応ができる。持っているからあげただけなのに、すごく感謝されるから嬉しい」(30代・女性)


いざというときに女子力を発揮するのは、荷物の多い女性かも。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代の男女1,361名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)


あなたにオススメ