これからも使い続けるつもりのSNSは? 1位になったのは…

栄枯盛衰の激しいSNS。そのなかでユーザーが「これからも使い続けたい」と考えているSNSは?

(Tomwang112/iStock/Thinkstock)

しらべぇでは先日、「そろそろやめようと思っているSNSランキング」を公開。1位は全世界にユーザーを持つFacebookだった。

そんな栄枯盛衰の激しいSNSのなかで、ユーザーの心をつかみ、「これからも使い続けたい」と感じさせているサービスはどれなのか。しらべぇ編集部は、全国20代〜60代のSNSユーザー638名に「これからも使い続けるつもり」のSNSを調査。

結果をランキング形式で紹介する。

 

■第5位:mixi(4.9%)

5位は「もうやっていないSNSランキング」で1位のmixi。ユーザー離れが深刻化しているといわれるが、今でも使っている人は「使い続けたい」と思っているようだ。また、最近では改めてmixiに戻る人も増えてきている。

日本におけるSNSの草分け的存在なだけに、根強いファンがいるということかも。

 

■第4位:Instagram(21.9%)

4位には一部に絶大な人気を持つInstagramがランクイン。2017年の流行語大賞が「インスタ映え」になったように、利用者が急増している。

スマホやデジカメの普及で誰でも手軽に写真が撮れるようになった現代だけに、Instagramは時代にマッチしたSNS。そんな時代背景が、支持を集めている要因か。

 

■第3位:Facebook(25.1%)

そろそろやめようと思っているSNSランキング」1位のFacebookが3位に。「やめよう」と思っている人も存在しているが、「続けていく」意向を持つ人も少なくないようだ。

会社の同僚・上司・部下から学生時代の友達まで、数多くの人と繋がっている人も多いだけに、その縁を切りたくないと感じている人もいるだろう。

 

■第2位:Twitter(38.7%)

2位にはTwitterがランクイン。安倍総理大臣やトランプアメリカ大統領などの要人や、国、警察、市町村などが情報拡散ツールとして使用しており、その重要度は年々高まっている。

情報収集には欠かせないツールとなっているだけに、「今後も利用し続けたい」と考える人が多いのだろう。

 

■第1位:LINE(50.2%)

1位になったのは、2位のTwitterに11.5ポイント差をつけたLINE。無料通話とメッセージ機能を兼ね備えているだけに、多くの人に欠かせないSNSとなっている様子。

とくに女性の支持を受けており、56.2%が「これからも使い続けるつもり」と回答している。かわいらしいスタンプなど、女性が楽しめる要素が散りばめられていることが大きいのかもしれない。

「使用頻度の高いSNSランキング」に続き1位となったLINE。『+メッセージ』など新しいSNSたちは、この牙城を崩すことができるだろうか。

・合わせて読みたい→Facebook? それともTwitter? 最も「やめよう」と思われているSNSは…

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代のSNSユーザー638名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ