配達員の男が配達先で女子高校生をレイプ 信頼を踏みにじる、魂の殺人に怒号

元佐川急便の配達員の男が、配達先の少女に性的暴行を加えるという、悲惨な事件が報じられた…

社会

2018/06/28 19:30

女子高生
(KEN226/iStock/Thinkstock)

「いつも来てくれる宅配便のおじさん」に、警戒心を抱いている人はどれくらいいるだろう…。

相手の信用を逆手に取り、家庭環境を利用した、あまりに卑劣な性犯罪事件が報じられ、インターネット上に怒りの声が相次いでいる。

 

■元佐川急便の配達員が女子高生に性的暴行

今年4月、福岡県内にて、佐川急便の配達員だった男(39)が、配達先の母子家庭の高校生の少女に性的暴行を加えるという、性犯罪事件が発生した。

この事件を報じた「毎日新聞」によると、男は日頃の配達で被害者方が母子家庭であることや、母親がパートに出掛ける時間帯を把握していったという。

事件発生時、母親は留守で家には被害者の少女が1人。男はその日、「電報便の営業」を口実に、被害者宅を訪問していた。なお、事件を受けて男は解雇。強制性交等罪で福岡地検に起訴されている。

 

■「娘は男の人が怖くなり、学校にも行けない」

同紙には、被害者の母親のコメントも掲載されており…

「(被告が)配達に来たときは、1~2分世間話をしていき、私がパートで不在の時間帯も詳しく知っていた。なぜ娘がこんな目に遭わなければいけないのか」

 

と、悲痛な胸の内を明かしている。また、被害者の少女の状況について「男の人が怖くなり、学校に行けなくなった」と話している。

次ページ
■「クソ野郎!」ネットに怒号飛び交う

あなたにオススメ