サッカー日本代表、決勝トーナメント進出も「かっこ悪い」「モヤモヤする」の声が続出

過去に負けなしのポーランドに対して初めての敗戦 次の試合までに修正できるのか?

スポーツ

2018/06/29 11:00

ハチ公前

28日に行われたワールドカップロシア大会、グループH第3戦で、日本代表はポーランドに敗戦。しかし、セネガルとのフェアプレーポイント差で、見事決勝トーナメント進出を決めた。

だが、ファンにとっては不満の残る試合内容になってしまった。


 

■勝ち抜くための時間稼ぎ

第3戦をグループ1位で迎えた日本代表。対戦相手のポーランドと、同時刻に行われていたセネガルとコロンビアの試合結果によって、決勝トーナメントに上がれるかどうかという状況の中で試合が行われた。

前半、相手選手のヘディングシュートを、GK・川島永嗣が右手でボールを弾く。前回のミスを取り消すような素晴らしいスーパーセーブを見せた。しかし、後半59分、ヤン・ベトナレクにゴールを決められ0対1に。

絶体絶命のピンチと思われたが、日本はこの状況で負けても、セネガルとのイエローカードの枚数によって決勝トーナメント進出が可能になった。

このままの状況を維持すれば、予選を通過できると分かった日本は、攻めずに自陣でパスを回して時間を稼ぐ作戦に。これには会場から大ブーイングが起きてしまう。

結果、なんとか相手にボールを渡すことなく、2大会ぶりに決勝トーナメント進出を勝ち取った。


関連記事:2戦連続で結果を出した本田圭佑 活躍に「ごめん」と掌を返すネット民続出

 

■「これが勝負の世界ですから」

試合後のインタビューに、キャプテン・長谷部誠は、「見てくださっていたファンにはもどかしい試合になってしまったかもしれないですけど、これが勝負の世界なんで」と、堂々とコメント。

さらに、元日本代表の松井大輔は、「すごく成長したと思う。全員が一丸となってあのような形を取れたのは、いままでなかった」と日本代表の成長ぶりに感心。

大ブーイングの中で、選手達も不本意なプレーだったはず。あの中で勝ちにこだわれたのは、メンタルの強さがなければできないことだ。

しかし、すでに予選敗退が決まっていたポーランドは、最後に正々堂々と勝負をしたかっただろう。日本のあきらかな時間稼ぎに、ボールを追う気力すら失っていた。

格上の相手とはいえ、今大会、1勝もできなかったポーランドを相手に、無得点という結果に終わってしまったことを見過ごすことはできない。まだまだ課題がありそうだ。


■時間稼ぎにサポータは不満の声

会場だけではなく、ネットからも日本代表の時間稼ぎに対して「かっこわるい」と大ブーイングの声が…

批判を覚悟で、決勝トーナメント進出を選んだ西野ジャパン。その真価は、次のベルギー戦で試されることだろう。

・合わせて読みたい→サッカーW杯、日本が属するグループHは「3強1弱」? 対戦国は強豪ぞろい

(文/しらべぇ編集部・KiiDA


あなたにオススメ