しらべぇ

伝える気があるの? 「なんでわざわざ横文字使うんだ…」と感じる瞬間4選

横文字を多用する人をどう思うか聞いてみたところ、驚きの結果に。

人間関係

(Tzido/iStock/Thinkstock)

日本人でありながら、ところどころで「横文字」を使う人がいる。そんな人と会話すると、意味がわかりにくいことも。

タレントのルー大柴のように「トゥギャザーしようぜ」や「冗談もホリデーホリデー」など、ネタとして言うならばともかく、「かっこいい」と思って使っている人もいるという。

そんな「横文字を多用する人」を周囲はどう思っているのだろうか。

 

■横文字を多用する人は苦手?

しらべぇ編集部では全国の20代~60代の男女1,348名に「横文字を多用する人」について調査を実施。

結果、「苦手だ」と「どちらかといえば苦手だ」を合わせた、苦手な人の割合は62.2%と半数超え。横文字を多用する人について、違和感や嫌悪感を覚えている人が多いようだ。

 

■苦手と感じてしまうフレーズ4選

では、どのようなフレーズが許容されないのだろうか。

①「オポチュニティを逃すな」

「新規開拓の部署にいるのですが、上司の口癖は『売り上げ増加のオポチュニティを逃すな!』。いや、機会とかチャンスでよくないですか?」(40代・男性)

 

②「エスカレーションを忘れずに」

「コールセンターでクレーム対応を主にしているのですが…『エスカレーションを忘れずにね』と言われて、頭にハテナが。上司への相談、報告だと教わりましたが、よく言われる『報連相』と何が違うんだろう…」(20代・女性)

 

③「コンセンサスを得られていない」

「『事前にコンセンサスを取っておいて』と会議資料を渡された。念のため確認したら、『根回ししとけってことだよ、アホ!』と怒られて…最初からそう言ってください」(30代・男性)

 

④「プライオリティが高い」

「プライオリティが高いものを先に〜って連呼する先輩。優先順位って意味はわかりますが、あんまりにも連呼するんで、影で『プライオリティ先輩』って呼んでる。

 

一般的になってきてるビジネス用語だからって、あんまり言いすぎるとダサいよね」(20代・男性)

 

どうやら横文字を多用する人が苦手な理由は、「相手にわかりやすく伝える気持ちが足りない」部分にあるようだ。多用しがちな人は、気をつけたほうがいいかも。

・合わせて読みたい→圧倒的に女性が多数!「家事手伝い」という肩書きに違和感もつ人の割合を調査

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代の男女1,348名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu