自分の声が嫌いと悩む人たちに 「個性と思えば!」とのエールも

見方を変えれば、チャームポイントにも。

ライフ

2018/07/01 19:30

(Erik Snyder/DigitalVision/Thinkstock)

顔や体型などと同じように、自分の特徴を示すものに「声」がある。他の身体的特徴と同じように、「自分の声が嫌い」と思いながら生きている人も多いという。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,477名に「コンプレックスについて」の調査を実施。

「自分の声が嫌いなほうだ」と答えた人は全員で35.8%と、約3人に1人が自分の声にコンプレックスを抱えていることが判明した。


画像をもっと見る

 

■電話で性別を間違えられ…

性年代別では、多くの年代で女性のほうが高い割合になっている。

自分の声が嫌い性年代別グラフ

声も美の一部と考えるならば、気にする女性が多いのも無理はないだろう。

「一般的な女性に比べてかなり低くて、電話ではよく男性に間違えられる。


電話でやり取りしていた取引先と初めて会ったときに、『女性だったんですね』と驚かれることなんてしょっちゅうで…」(30代・女性)


低くて気にしている女性がいる一方で、高すぎる声で悩んでいる人も。

「高すぎて、普通に話しているだけでうるさく思われる。落ち着きがなく見られるし、仕事ではあまりいいことはない」(20代・女性)


関連記事:佐々木希が大胆イメージチェンジ 短めショートボブ姿に「天使」など称賛の声

 

■男性も声で悩んでいる

男性は低い声が特徴だが、それが仕事をする上で支障をきたす場合も。

「低くてこもっている感じの声なので、聞き取りにくいみたい。昔、居酒屋でバイトしていたときには、『オーダーが聞こえない』とよく怒られた。


声を思いっきり張り上げても言われるので、どうすればいいのか悩んだ」(20代・男性)


男性で声が高い場合には、年を取ってから気にすることも。

「高く鼻にかかった声だけど、若い頃はあまり気にしていなかった。ただ、年を取ると顔と声が合わなくなり、だんだん嫌になってきた。低くて渋い声は、やっぱり憧れる」(40代・男性)


■アニメファンは声への理想が高い

アニメオタクを自称する人は、半数以上が自分の声を嫌いだと思っている。

自分の声が嫌い傾向別グラフ

声優の声を頻繁に聞いていると、理想が高くなるのも無理はない。

「アニメの声なんて、一般社会にいたらうるさいだけだと思う。だけど声を仕事にしている人たちは、個性的ともいえる特徴を生かしている。


だから自分の声が嫌いな人も、それを自分らしさとして受け入れたら楽になる気がする」(30代・女性)


コンプレックスは見方を変えるだけで、チャームポイントにもなる。できるならば、好きになりたいものだ。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年5月18日~2018年3月21日
対象:全国20代~60代の男女1,477名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)