自分だけ残業… 職場で受けた「仕事を利用した悪質イジメ」3選

権力を使って不必要な仕事をさせるなど、仕事を利用してイジメをする人も。

OL
(TakakoWatanabe/iStock/Thinkstock)

社会には上下関係があるところも多く、上司や先輩から仕事を頼まれたら、断ることは難しいもの。中にはそんな立場を利用し、仕事に見せかけたイジメをする人もいるようだ。


 

■仕事を利用したイジメを受けたことがある人は?

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の会社員の男女570名を対象に調査したところ、上司や先輩から、自分だけ大量の仕事や残業を押し付けられるなど、「仕事を利用したイジメ」を受けたことがある」と答えた人の割合は14.9%。

いじめ

では、具体的にどんなイジメを受けたのだろうか。取材班は、経験者に話しを聞いてみた。


 

①わざと残業させて遊びに行かせない

「女性の先輩に目をつけられていて、同期に『今日は仕事帰りに遊びに行くんだ』と言ったのを聞かれてしまい、どうでもいい仕事を押しつけられて遅くまで残業させられました。


『今日は予定がある』と言っても、『急ぎの仕事だから、こっちを優先して』と、さも急務の内容のようなふりをしてやらされて。


仕事を理由にされたらこっちも断れないし、最低な嫌がらせ」(20代・女性)

次ページ
②必要のない仕事を押しつける

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ