しらべぇ

王将の危機を予感するレベル… バーミヤン新業態『ばーみやん軒』がお得すぎてヤバい

バーミヤンの新業態がスゴい! すかいらーくが手がける中華食堂とは

グルメ

リーズナブルな料金で豊富なメニューの中から中華料理が食べられることで人気のファミリーレストラン『バーミヤン』が新業態を作ったようだ。

その名も『ばーみやん軒』という、例えるなら餃子の王将や日高屋のような、中華食堂の業態。現在は東急田園都市線・用賀駅前にある1店舗のみである。

 

■メニューは豊富

メニューは本家バーミヤンに負けないぐらい豊富で、麺類だけで10種以上。

餃子は149円からと非常にリーズナブルで、本家バーミヤンでは常時食べられない隠れ激ウマメニュー『サバの甘酢醤油』も定番になっているのが嬉しい。

 

■カレーやキッズメニュー、100円ワインも

また、中華食堂では通常食べられないカレーや…

アンパンマンのキッズメニューもあり、子連れでの楽しめる。

また、紹興酒・梅酒・ワインは1杯100円なのでせんべろも余裕でできるという汎用性の高さ。さすがバーミヤン以外にも多数の業態を作っているすかいらーくグループなだけある。

 

■味は安心できるファミレスレベル

しらべぇ取材班が注文した『中華屋さんの麻婆カレー』(税抜き699円)は、人気ゲーム『テイルズ オブ』シリーズでも出てくるメニューでコンビニでも過去にコラボ商品が出ていたため、そこで食べたことがある人もいるはず。

味は麻婆豆腐とカレーの辛味の相性が悪くなく、なかなかご飯に合う。これでスープバーもついているのはかなりお得である。

こちらの『味玉ばーみやんラーメン』は、税抜499円とリーズナブルなのに、納得の味。

 

■ドリンクバイキングを持ち帰り

どの商品も一般的な中華食堂より少し安めに設定しているのに、さらにスゴいのがドリンクバイキングを注文すると「お持ち帰り」ができること。

かなり大きな紙コップにドリンクバイキングにあるお茶などのソフトドリンクを1杯入れて持ち帰れるため、これから暑くなる時期には本当にありがたい。

 

■消費者としてはありがたいが…

汎用性も高く非常にお得で、ドリンクバイキングまで持ち帰れる至れり尽くせりなばーみやん軒は、今後ほかの中華食堂チェーンの強大なライバルになっていくことだろう。

個人的に大好きな餃子の王将の危機も感じてしまうほどの優良店だったが、すかいらーくの業態開発は既存店を脅かす存在になることは、過去の例から言っても間違いない。

消費者としては良い店が増えてありがたいかぎりだが、ほかのチェーン店にとってはあまり良いニュースではないのかもしれない…。

・合わせて読みたい→ビール3杯+焼き餃子が906円!ビール好きは夕方バーミヤンに向かうのが最強説

(取材・文/しらべぇ編集部・雨間 ゆうすけ

この記事の画像(15枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu