『イッテQ』過酷すぎる舞台裏に絶句 「ちょっと休もう」大島の言葉に称賛

100回目を迎えた温泉同好会。森三中・大島の涙ながらの言葉に、号泣してしまう視聴者が相次いだ

エンタメ

2018/07/02 12:00

 

■視聴者号泣、激励の声が相次ぐ

大人気番組を支える、ディレクターの過酷な舞台裏に衝撃を受けた視聴者は少なくない。また、大島の言葉に涙した人が多く、長田ディレクターをはじめ、温泉同好会への感謝と激励の声が寄せられている。

ただ湿っぽくなるのではなく、最後にはクスッと笑いが織り交ぜられている絶妙な演出にも、感嘆の声があがっている。


関連記事:『イッテQ!』温泉同好会のメンバーでつまらないのは誰? 1位はモノマネの得意な…

 

■『イッテQ』は泣けるバラエティ

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,381名のうち、有効回答335名から「もっとも泣けるテレビ番組」について調査したところ、同番組は『情熱大陸』(TBS系)に続いて第2位にランクイン。

泣けるテレビ番組
(©ニュースサイトしらべぇ)

3位の国民的アニメ『サザエさん』に大差を付けての2位入賞である。

放送100回目を迎えた温泉同好会。長田ディレクターをはじめ、しっかりと身体をいたわりながら、これからも笑いと感動を届けてほしい。

・合わせて読みたい→『イッテQ!』温泉同好会のメンバーで面白いのは誰? 1位は女性に絶大な人気の…

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日
対象:全国20代~60代の男女1,381名(有効回答数)