日本代表はFIFAランク3位のベルギーに勝てるのか? 過去の戦績では日本が優勢

ベルギーとの試合は、過去2勝1敗2引き分け。FIFAランキングでは格上だが、勝利の可能性はある。

スポーツ

2018/07/02 20:30

(Wavebreakmedia Ltd/Wavebreak Media/Thinkstock)

日本時間の3日深夜3時にキックオフする、FIFAワールドカップ・ロシア大会の日本対ベルギー戦。負ければ終わりの決勝トーナメントで、日本はFIFAランキング3位のベルギーを相手に勝利を掴むことができるのだろうか。


 

■格上ベルギーに勝ってきた過去

日本は過去に国際Aマッチで5回ベルギーと対戦しており、2勝1敗2引き分けの好成績を残している。さらに、5試合中9得点と得点率がかなり高いのだ。

2009年の国際親善試合では4対0と圧勝している。しかし、当時のベルギーのFIFAランキングは62位、対する日本は35位。ベルギーは日本にとって、格下の相手だった。

だが、4年後に行なわれた2013年の国際親善試合の時点でベルギーはFIFAランキング5位、日本が44位。立場が逆転した状態でも3対2で勝利。2017年の試合では0対1と敗北しているが、圧倒的に負けたのではなく僅差だった。

このような過去の戦績から考えても、日本が格上ベルギーに勝つ可能性は十分にあると考えてもいいだろう。


関連記事:恥を忍んで「賭け」に勝った西野ジャパン、悲願のW杯8強入り目指し強敵ベルギーに挑む

 

■もしも勝利できたら…

今回を含めて日本は6度、W杯に出場している。その中で、2002年と2010年のベスト16がW杯での最高成績だ。

現在出場しているロシア大会も、勝てば初のベスト8進出に差し掛かっている状況。過去に好成績を残しているベルギーが相手ということもあり、記録更新に期待も膨らむ。

もし、ベルギーに勝利できれば、次の相手は同日に行われるブラジル対メキシコの勝者だ。FIFAランキング2位のブラジルが勝ち上がってくる可能性が高いだろう。ちなみに、ブラジルとの国際Aマッチの戦績は0勝2分け10敗と、かなり相性がわるい。

本日行われるブラジル対メキシコの試合も注目だ。

次ページ
■ネットは「ルカクに気をつけろ」の声

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ