しらべぇ

ブスほど露出したがる? 「ブスのやらかし」エピソードに共感の声

『おぎやはぎの「ブス」テレビ』で「やらかしたブス」について次々と怒りと悲しみのエピソードが寄せられた。

エンタメ

©AbemaTV

他人から少しでも「良く思われたい」と化粧やファッションや言動に気を遣う女性は少なくない。しかし、ほんの少しのミスがきっかけで、周囲から恥ずかしいと思われることも。

2日放送の『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)で明かされた「ブスたちのやらかした事件簿」が話題になっている。

 

■「ブスのやらかし」エピソードが相次ぐ

番組では、「ブス」たちがうっかりやらかしてしまったことについて、街頭インタビューを実施。見た目や言動など、「ブスのやらかし」について、怒りをもっている人は少なくないようだ。

・剛毛しじみブス。一重まぶたなのにマツエクの太い毛を大量につけたことで、まつ毛にしか目がいかない目になっちゃってる

 

・ブスなのにやたら自分に自信があって、イケメンに「私全然イケるでしょ」と言ってフラれるブス

 

・顔はブスだけど、格好だけは一丁前に着飾っているブス。足太い子に限って短いスカートを穿いて露出する

 

・大学デビューで友達をつくろうとして失敗したブス。自分のことを「も」という名前で呼ばせ、理由を聞くと「『も』ってフォームがかわいいじゃん」と理解ができないことを言ってくる

 

■女芸人が味わった「やらかし経験」

スタジオでは「ブス枠」として出演したニッチェ・近藤くみこが、相方・江上敬子のやらかしについてもトーク。

記念すべきテレビ初出演の『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系)で、江上がネタを飛ばしてしまったため、近藤が小さな声で「がんばれ」と応援すると、飛ばしたネタ部分を教えてもらったと勘違いした江上は「がんばれ!」とそのまま口にしてしまったという。

また、たんぽぽ・白鳥久美子は学生時代にやらかしてしまった自身の体験を話す。某ビジュアル系バンドの追っかけをしていた白鳥は、初参戦したライブでテンションが上がりすぎてしまい、メンバーの名前を連呼して大騒ぎしたという。すると、ベーシストから「『シー!』とされた」とのこと。

納得がいかず、ファンクラブの人に話を聞いたところ、「その人ね、ブス大嫌いで有名」と言われ悔しい思いをしたようだ。

 

■ブサイクは人生を損している?

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,353名を対象に「容姿」について調査したところ、どの年代でも半数以上の人が「ブサイクというだけで人生損している」と回答。

男女や年代問わず、すべての年代で半数を超える結果に。やはり、容姿は人生に大きく左右すると考えているようだ。

 

腹が立つ行動に容姿は関係ないはず。とはいえ、好みの容姿でないと怒りも倍増するということだろうか。

・合わせて読みたい→究極の二択「肌荒れ美人」vs「美肌ブス」 男性たちのホンネにおぎやはぎも驚愕

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年12月15日〜2017年12月18日
対象:全国20代〜60代の男女1,353名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu