鳥貴族、男性店長がアルバイト女性を盗撮 見舞金1万3千円に「安すぎる」と批判も

『鳥貴族』男性店長がアルバイト女性を盗撮。「見舞金」に批判が続出する事態に。

(Milatas/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

居酒屋チェーン『鳥貴族』で、20代の男性店長が女性従業員の着替えを盗撮したとして、懲戒解雇されていたことが4日にわかった。

同社は女性に対し、見舞金として1万3千円を支払ったのだが、一連の流れに批判が寄せられている。


 

■スマホで女性従業員を盗撮

報道によれば、京都市内にある店舗の男性店長が15日、店舗の更衣室でスマートフォンを使って、アルバイトの女性従業員を盗撮したとみられている。

これを受け、店舗は6月20日付で男性を懲戒解雇。女性側に謝罪し、見舞金として1万3千円を支払ったという。さらに、「このような事案が発生したことは誠に遺憾だ」とし、警察の捜査にも全面協力していくと明かした。


関連記事:トイレの回数・時間を社内メールで共有 会社に「分刻みで行動を監視」された女性

 

■「この世の中ほんまに意味がわからん」と怒り

一方、被害者の従業員とみられる女性は、自身のツイッターで今回の事件について怒りを投稿。盗撮の証拠と思わしき写真や、封筒の中に入った1万3千円の写真も添えられている。

会社からの見舞金について、女性は「なにこれ? こんなんいらん! 逮捕されへんことが意味わからへん。 携帯に証拠も残ってるのにな! この世の中ほんまに意味がわからん。 日本ってクズ社会?」と訴えている。

https://twitter.com/ayu_karen_/status/1013726772364316673

次ページ
■人には言えない性癖がある人は…

あなたにオススメ