しらべぇ

本田圭佑、漢字の読み間違えをするも「視聴者を試している」と言われるワケ

本田圭佑選手がインタビューで「きよきよしい」と発言。

スポーツ

本田圭佑

(画像は本田圭佑公式ツイッターのスクリーンショット)

サッカー日本代表の本田圭佑選手(32)が、ワールドカップを終えてのインタビューで、「きよきよしい」と発言した。

インターネット上では、「清々しい(すがすがしい)」の読み間違えではないかと指摘されている。しかし一方で、「あえて視聴者を試しているのでは?」という声もあがっている。

 

■「きよきよしい」

3日、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)で、ワールドカップ、ベルギー戦直後の本田選手のインタビュー映像を放送。本田選手は…

「本当に、子供の頃からこのW杯のためだけにサッカーをやってきたといっても過言ではない。そういう大会だった」

 

と大会を振り返った。そして、そんな自らの気持ちをどのように表現するべきかを、じっくりと考えるように言葉を詰まらせる本田選手。そして5秒ほどの沈黙ののち、「きよきよしい」と心境を語った。

 

■「『きよきよしい』はない」

本田選手の「きよきよしい」発言に対し、インターネット上では、「清々しい(すがすがしい)を読み間違えている」との声があがっている。

「本田選手のインタビューで「きよきよしい」って聞こえたんやけど、『清々しい(すがすがしい)』のことやろか…」

 

「『清々しい』が『きよきよしい』…。まさかね。私の聞き間違いであってくれ」

 

「『きよきよしい』はない。ないよ」

 

■視聴者を試している?

本田選手の読み間違えを指摘する声があがる一方、「わざと『きよきよしい』と言っているかもしれない」との意見も。

「『清々しい(すがすがしい)』をあえて『きよきよしい』と読んでみる。ACミランの10番を背負った男が、こんな初歩的な間違いするわけないやろと。みなさんを試してるんですね」

 

「『清々しい』を『きよきよしい』と読む。それがケイスケホンダ」

 

「新たな本田語録が誕生した」

 

「リトル本田」「ケイスケホンダ」など、「本田語録」と呼ばれる発言をメディアに対し行っている本田選手。

過去、「俺の口から『ネタ』になる言葉を求めている。俺もできるだけそれに答えようと思っている」とインタビューで話していたこともあるようだ。

 

■日本語が苦手な人は?

しらべぇ編集部が以前実施した調査によると、「日本人だが日本語が苦手だと思う」と答えた人の割合は、およそ3割という結果になっていた。

もしも「清々しい(すがすがしい)」を「きよきよしい」と読み間違えていたとしても、「『あえて』なのかも」と思わせてしまう本田選手。真相はどうであれ、改めて、その「説得力」を確認した人が多いようだ。

・合わせて読みたい→本田圭佑、西日本豪雨へ継続的な支援を表明 「忘れられたときが怖い」と切実な声も

(文/しらべぇ編集部・野瀬 研人

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu