『水曜日のダウンタウン』で日テレ批判? 「業界への皮肉」「斬新すぎる」の声

過激な企画が物議を醸す『水曜日のダウンタウン』。4日放送が昨今のテレビ番組を批判する内容と話題に。

エンタメ

2018/07/05 15:30

(画像は『水曜日のダウンタウン』公式ツイッターのスクリーンショット)

ギリギリを攻めた企画が物議を醸すTBS系バラエティ番組『水曜日のダウンタウン』。しらべぇ既報のとおり、警察が動いてしまったこともあり、批判の声が相次ぐことも。

TBS社長が番組について謝罪した4日、放送された内容が「ある意味攻めてる」と話題になっている。


 

■ダウンタウンすらも隠す演出

この日、番組では「隠せば引っ張れる説」の企画を放送。出演したゲストの顔には紅白出場歌手K、元宝塚女優S、女芸人Yと文字が被せられ、正体が隠された状態に。また、MCであるダウンタウン・浜田雅功も「大物司会者H」、相方の松本人志も「大御所芸人M」と隠されており、番組を知っている視聴者からすれば「意味のない演出」が続いた。

そして、ダウンタウンの正体が明かされると、松本は「この番組もう末期だね」と嘆く。


関連記事:『あさイチ』菜箸の発音に視聴者から生クレーム スタジオの空気が凍りつく事態に

 

■テレビは「加工する時代」

その後、番組では正体が隠された「人気漫画家」の行きつけの飲食店を紹介したり、豪邸を自宅ロケしたりといった「ふつうすぎる」企画を放送。テロップを多用し、紹介する物や人のほとんど隠して引っ張り続ける演出が続き、ナレーションが「コラコラ」「しっかりして」といったツッコミを入れるなど、よく見かける街ロケ企画どおりの安定した時間が流れる。

VTR明け、女芸人Yこと柳原可奈子は「作った人がすごく意地悪だなと」とコメントした。

さらに、番組を引っ張るため、プレゼンターの博多大吉が松本らに「驚いた表情のままCMにいきたい」と表情を要求。松本が「ウソでなければ、できない」と反論するも、大吉は「松本さん、そういう時代は終わったんです」と作られた偽りの「加工する時代」がテレビ界に到来していると主張して松本を黙らせた。


次ページ
■「日テレ批判」と話題に

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ