しらべぇ

堺市「あおり運転」殺人 容疑者に非難の一方、「バイクのマナー」に苦言も

バイク乗りや自転車乗りがなんとなくしてしまいがちな左側すり抜け。しかし、車を運転する人にとってはかなりの冷や汗モノのよう。

地域 社会

バイク転倒

(chameleonseye/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

当サイトでも報じたとおり、大阪府の堺市南区で2日夜、乗用車を運転していた男(40)がバイクに乗っていた大学4年生の男性(22)に追突し、首の骨を折るなどして死亡させる事故が発生した。

その後の調査で、殺人と道交法違反の容疑で再逮捕された容疑者が、死亡した男性追い抜かれ立腹し、あおり運転を行なったことが判明。ネット上で怒りと問題提起の声が相次いでいる。

 

■追い抜かれ、立腹してあおり運転

MBSニュース」によると、容疑者の男は死亡した男性のバイクに左側を追い抜かれ立腹し、あおり運転を始めたとみられることがわかった。

警察が容疑者の車のドライブレコーダーを解析したところ、死亡男性のバイクが左側から容疑者の車を追い抜いた直後から、距離にして約1キロ、時間にして1分間にわたり、クラクションを鳴らしたり、加速して急接近するなどの行為を繰り返す様子が映っていた。

なお容疑者は事故後、400メートルほど走行してから事件現場に戻ったそうで、警察はひき逃げ容疑でも調査を進めている。

 

■怒りの声が殺到

まるで瞬間湯沸かし器であるかのような、容疑者の怒りに身を任せた行動にネット上では怒りの声が殺到。

・極めて悪質。殺人事件として処罰するべき

 

・誰にでもふりかかってきそうな恐ろしい事件である。殺人が適用されることを祈る。殺意がなくとも、人が死ぬようなことをしていることには違いない

 

・一生牢屋に入れておくべき!

 

・あおり運転による死亡事故に殺人容疑を適用するのは異例。とあるが、これは明らかに殺人

 

■バイク乗りに苦言も

しかし、車を運転する側にとってひやりとさせられる行為である「バイク側の追い抜き」については、苦言を呈したり、問題提起する人も少なくない。

・煽り運転も死なすのも論外だけど、バイクのすり抜け追い抜きも悪いよね

 

・バイクも左からの追い抜きはやめたほうがいいかもしれない

 

・バイクの追い越しや追い抜きに車の運転手はイラッとする事が少なくない。バイク乗りは追われる前に瞬時にやり過ごす方法を判断しなくてはならない

 

・バイクのすり抜けが発端か。うーん……

 

・これバイクの人がケガ、もしくは死亡したら車とかトラックの責任割合がどうしてもでかくなるから、本当はすり抜けはやめてほしい…

 

・この事故は車が煽ってる時点で完全アウトやけど、路側帯走っての追い越しとか、すり抜けに関して取締りとかも考えて行くべきなんじゃないかな

 

あおり運転をして人を殺したという時点で、容疑者をフォローすることはできないが…ドライバーの多くが一度や二度は経験している事柄だけに、悩ましい。

 

■3割以上が「あおり運転」に遭遇

しらべぇ編集部で全国の20代〜60代の男女1,328名に、あおり運転について調査を実施したところ、全体の35.0%が「されたことがある」と回答。地域別では北関東が約6割ともっとも高い数値になっている。

 

車に乗る人もバイクに乗る人も、さらにはロードバイクなどの自転車乗りも、すべての人が交通ルール・マナーを徹底していくべきだろう。

・合わせて読みたい→110番を1100回した男が逮捕 「怒りの10倍アタック」にネット笑撃

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名(有効回答数)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu