西野ジャパンが帰国 主将・長谷部「無関心が一番怖い」「やってやったという気持ち」

サッカー日本代表は5日、FIFAワールドカップ・ロシア大会での戦いを終えて帰国し、記者会見を開いた。

長谷部誠
(©AbemaTV)

サッカー日本代表は5日、FIFAワールドカップ・ロシア大会での戦いを終えて帰国し、記者会見を開いた。

会見には日本サッカー協会の田嶋幸三会長、西野朗代表監督、チームの主将を務めた長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)が出席。ファンに感謝の言葉を伝えた。


 

■田嶋会長「代表が嫌いな人にも感謝」

会見の冒頭で田嶋会長は、「『日本代表なんか嫌いだ、応援なんかしない』と言ってくださった方々にも、関心を持ってくださったという意味で感謝しなければいけない」と述べ、好意的なファン以外を含めた全ての国民へ向け「本当にありがとうございました」と口にした。

長谷部誠、西野朗、田嶋幸三
(©AbemaTV)

長谷部も同じように「大会前、あまり僕たちは期待されていなかった。無関心というのが一番怖いと思っていた」と、注目されなかった状況への危機感を率直に語った。

「期待されていない状況を絶対にひっくり返してやろう、とチームで話していました。選手全員がその強い思いを持って戦い、皆さまの期待を取り戻せたと思う」と言うように、日本はグループリーグを突破し、決勝トーナメントでは強豪ベルギーに敗れるも、2点を先行して大いに苦しめた。

その結果、代表が帰国した成田空港には約1,000人のファンが押しかけた。拍手と歓声に包まれた長谷部は、「出発時に比べて、本当にたくさんの方に出迎えていただいた。本当にうれしい」と表情を崩す。

下馬評を見事に覆してみせた西野ジャパン。長谷部は「そういう意味では『やってやった』じゃないですけど(笑)、厳しいお言葉がこのチームの力になったのかなと思います」と充実した表情で話した。


関連記事:『あさイチ』菜箸の発音に視聴者から生クレーム スタジオの空気が凍りつく事態に

 

■長谷部「Jリーグや女子にも関心を」

日本代表のロシア大会は終わったが、2022年カタール大会への戦いはもう始まっている。今月末での契約満了を明言した西野監督だが、「次のカタールでラウンド16を突破できる段階にはあると思う」と、4年後の日本代表に確かな自信を見せる。

西野朗
(©AbemaTV)

「十分に大きな成果を上げたわけではないが、次につながる1ページ──半ページくらいかな──を示せた、という気持ちがある。選手たちには、ロストフで(試合終了後にピッチに倒れ込んで)背中に感じた芝生の感触、見上げた空を忘れるなと伝えた」

長谷部は「このW杯でまた皆さんの関心を集められたと思う」とし、「皆さんには引き続き、日本サッカー界──代表だけじゃなくて、Jリーグ、海外でプレーする選手、女子、いろんなカテゴリーがありますけど──に関心を持っていただき、時には温かく、時には厳しいサポートをお願いしたい」と呼びかけた。

次ページ
■現実的にはなかなか厳しい

この記事の画像(4枚)