しらべぇ

メタル一筋で還暦を迎えた男 ANTHEM・柴田直人の自伝が新事実満載でスゴすぎる

ジャパニーズ・メタルの重鎮、ANTHEMの柴田直人がその前半生を語った自伝を出版。

エンタメ

柴田直人

今年でメジャーデビュー37周年を迎えるジャパニーズ・メタルの重鎮ANTHEM。そのリーダーである柴田直人が、10日、『柴田直人 自伝』(シンコーミュージック)をリリースする。

柴田自身が、生い立ち、青春時代、アマチュア時代、ANTHEMとしてメジャーデビューしてからの模索などを自ら書き下ろしたものである。

ANTHEMのメンバーチェンジや、一度解散に至った真相、さらには解散後にアルバイトをしながら作曲をした日々など、これまで明かされなかった真実が明かされる。

これはメタル一筋で還暦を迎えた頑固でピュアな男のライフストーリーであり、日本のメタル史を読み解く上でも貴重な証言である。

 

■ライブ、ベスト盤と次々に

6月9日には柴田直人の還暦を記念したスペシャルライブをクラブチッタ川崎で完全SOLD OUTで大成功させたばかりであり、この7月には日本のメタル史に残る名盤『ジプシー・ウェイズ』の全曲再現+オールリクエストライブ、さらには自身主催の「ヘッドストロングフェス」を東名阪で開催することが決まっている。

さらに、9月にはANTHEMとともに日本メタル界の二大巨頭と呼ばれるLOUDNESSがそれぞれ90分1本で共演するライブが決まっている上、2019年春にはヨーロッパのヘヴィメタルのトップレーベルであるニュークリア・ブラストから英語版の新録ベスト盤のリリースが決定している。

精力的に活動を続ける柴田直人に、評論家でANTHEMファン歴30年の常見陽平がインタビュー。燃える男の言葉を目に焼き付けよ!

 

■「何と闘ってきたのか」を明らかにしたかった

常見陽平(以下、常見):『柴田直人自伝』を拝読しました。ファンとして柴田さんのインタビューは、ほぼすべて追ってきましたし、これまでに3回インタビューさせて頂いたのですけど、この本には新事実がいっぱいで驚きに満ちていました。今回の自伝の読みどころは何だと思いますか?

 

柴田直人(以下、柴田):自分自身が「何と闘ってきたのか?」ということですかね。これは僕自身も知りたかったことで、本を書くことによって答えに近づけるのではと思ったのです。自分の生き様を伝えたいという想いもありましたが。

 

とにかく嘘は書きたくなかったし、ありのままを伝えたかったんです。よくあるミュージシャン生活だけを切り取った綺麗なストーリー本ではなく、生い立ちから始まり、いろいろなことを書きました。

 

常見:北海道北見市出身、高校時代を札幌で過ごし、大学進学で上京。私も同じような人生を歩んだので、ニヤリとする部分も多かったです。

 

東京に出てから「イントネーションが変だ」と言われた話だとか。私も東京生活に慣れた頃に、全く同じようなことを言われショックを受け(笑)。それはそうと、なぜ、この時期に自伝を書こうと思ったのですか?

 

柴田:タイミングが重なったからですね。ちょうど今年還暦を迎えましたし、その記念イベントも行いました。2014年にメンバーチェンジをしてから4年が経ち、今のラインナップの可能性も感じています。

 

さらに、2019年春にヨーロッパのヘヴィメタルのトップレーベルであるニュークリア・ブラストから英語版の新録ベスト盤が出るということも決まり、やりたいことがあったらドンドンやっていこうというモードの中で自伝本の話になっていったわけです。これから人生の後半戦が始まると思っているので絶好のタイミングでしたね。

 

■「柴田直人像」の真実とは

柴田直人

 

常見:拝読して、柴田さんは優しい人なんだと思いました。

 

柴田:え〜、ありがとうございます(笑)。

 

常見:さらに言うならば、そうか、こんな強そうな人が、こうも思い悩む日々を送ってきたのか、と。

 

メディアがこれまで伝えてきた、強くて怖い柴田直人像というか、独裁者で、スパルタで、「ANTHEMは体育会か、軍隊みたいなバンドだ」みたいな話がいかに嘘だったか、みんな気づくのではないか、と(笑)。演奏のミスをしたら腕立て伏せ100回とか、全部ウソだった、と。

 

柴田:そういうことを書かれるたびに、「あぁ、みんなそうやって僕のことを見ているのか」と、いろいろ考えましたけどね(苦笑)。まぁ、そういう噂などによってANTHEMや僕が知られるようになったんですけど。

 

それらの一部は事実ですよ(笑)。たとえば、ライブ終了後、すぐに振り返りのミーティングをやっていたのは本当ですよ。でも、激しく怒号が飛び交ったとか、反省会で腕立て伏せをさせたという話は、さすがに嘘です(苦笑)。

 

揺るぎないことがあるとすれば、音楽というものに対して僕もANTHEMもとことん真面目だったということですね。

 

■真面目さのルーツは…

常見:この自伝は、その真面目さのルーツもわかって、興味深いです。じつはご実家は経営者一家で、お父様が旅館を、お母様が美容室を経営していたとか。

 

柴田:もともと餅などを売る和菓子屋だったのを、祖父母や両親が広げていったんですよね。父はいつも理論的で石橋を叩いて、壊しても渡らないタイプ。逆に母は思いついたら何であれ即行動の人でした。

 

親の背中を見て育ったので、商売の厳しさのようなものを自然に学んだように思いますね。僕のサービス精神旺盛さというのも、家族からの影響かもしれませんね(笑)。

 

常見:そう、柴田さんはサービス精神旺盛な方ですからね。ANTHEMのライブは客電がついて、終演のアナウンスがあっても、ファンが残ってアンコールを求めていると応えてしまうという…。

 

日本のメタルバンドのライブ時間が長くなっているのは、ANTHEMが基準になっているせいだという都市伝説(笑)。

 

柴田:今は、ANTHEMよりも遥かに長いバンドもいますけどね(笑)。

 

■「『ハイウェイ・スター』はポップ」発言の真意

常見陽平

 

常見:「自伝」であるがゆえに、どのような音楽を聴いてきたかという話が興味深いです。中学校でみんなの前で井上陽水を演奏した話をはじめ、影響を受けた音楽について、ハードロック、メタル系のアーティスト以外の名前が多数出てくるのが印象的でした。

 

たしかに、柴田さんのFacebookで紹介される音楽はメタル以外が多いな、と。中でもインパクトのあった言葉が「(ディープ・パープルの代表曲)『ハイウェイ・スター』はポップだ」という発言です。

 

柴田:僕にはポップに聴こえました。リッチー・ブラックモアは、言うまでもなくハードロックギタリストの雄ですが、でも、感覚的にはかなりポップですよね。ロックギターですけど、ポップです。

 

彼がやってきたディープ・パープルも、レインボーもポップな曲がじつは多いです。それに音楽的にもじつに自由なところが好きです。

 

ハードロックバンドでありながら『Since you been gone』のようなポップなナンバーをやりますし、グラハム・ボネットのようにリーゼントにスーツの上下というルックスのヴォーカリストを入れましたし。

 

常見:「『ハイウェイ・スター』は…ディープ・パープルはポップだ」は名言すぎて、「ああ、言われちゃった」と。膝を叩きますよ、これは。

 

■アニマルズもポップでかっこいい

柴田:きっと優れたミュージシャンは自然とポピュラリティーを意識しているものなのだと思います。僕には、アニマルズもロックだし、ポップでかっこいいと思っています。日本のフォークソングで言えば『竹田の子守唄』なんかも大好きですよ。

 

常見:ANTHEMは「ジャパニーズ・メタルの重鎮」として紹介されることが多いですし、その看板に偽りはないわけですけど、じつはポップですよね。

 

そういえば、今日、ここにくるときに車内でANTHEMを聴いていたら、一緒に乗っていたカメラマンが「凄いポップですね」って言っていたんですよ、自然に。「演奏はハードだけど、メロディーがポップ」だと。

 

柴田:あぁ、それは光栄ですね。

 

■音楽生活と人間関係

ANTHEM

(Mikio Ariga)

 

常見:人間関係についての記述も興味深かったです。柴田直人というミュージシャンがどのような人と交わりつつ生きてきたのかというライフストーリーそのものですし、日本のメタル史の貴重な資料です。

 

メタル以外の人についても面白い記述があって、札幌で高校生活を送っていたときに同世代の安全地帯が旭川で活動していて人気を呼んでいたり、BLACK HOLEが準優勝したコンテストで、優勝していたのがのちのスターダスト☆レビューだったり。

 

柴田:人生で学んだことと言えば、「チームって大事なんだ」ということですね。

 

常見:まず、確認しておくべき事実は、ANTHEMにしろ、その前のBLACK HOLEにしろ、じつは「自ら結成したのではなく、加入したバンドだ」ということですね。

 

柴田:そうなんです(笑)。自分がリーダーとしてつくったプロバンドは、THE MANしかないんです(笑)。

 

常見:クラブチッタのイベントに出演する超豪華メンバーバンドですよね。ANTHEMは幼馴染みで札幌時代から交流が始まった小柳彰史や、最初の解散まで一緒に活動するMAD大内が先に始めていたんですよね。

 

柴田:そうです。僕が加入したあと、彼らがもっと本気でやりたいというので、なんとなくリーダーになっていったんです。

 

■たくさんの出会いと別れ

常見:自伝では、たくさんの出会いと別れが語られています。

 

柴田:はい。やはり、最初の別れというか、小柳彰史がバンドを去った時は辛かったですね。自ら立ち上げたバンドを去った彼のことを考えると…。申し訳ないという気持ちもありました。

 

でも、バンドが先へ先へと進む中でやむを得なかったことでもあるし。あの頃の僕は彼をフォローしてあげられなかったんですね。若さって残酷だなと思いました。お互い若いので、どうしようもなかったとは思いますけど。

 

常見:坂本英三さんとの出会いと別れについても、多くのページが割かれていましたね。脱退が決まっている中、レコーディングをし、ツアーや海外公演もしたという…。でも、出会いと別れに誠実だなあという印象を受けました。

 

柴田:デビュー前のヴォーカリスト、トニーこと前田敏仁からは「いろいろ考えましたがじつはメタルがそんなに好きではないのかも」と言われて、脱退に至ったんです。

 

その後任のオーディションに来ていたのが、メジャーデビュー時と再結成時のヴォーカリストの坂本英三であり、1988年から解散までと、2014年から現在のヴォーカリストである森川之雄ですね。

 

常見:結局、メジャーデビュー時には「未完成な坂本英三を育てよう」ということになり。森川之雄さんはパンチパーマだった上、日本語の歌詞があまり得意ではなかったとか(笑)。

 

柴田:坂本英三が脱退するときも「あの、パンチパーマのやばい奴はどうしているんだろうか」という話になったんです。

 

彼は、ANTHEMのオーディションに落ちた悔しさをバネに活動を続けていて、日本語の歌詞もだいぶ上手くなっていたし、パンチパーマでもなくなっていた(笑)。

 

■メタル史に関する貴重な証言

柴田直人

 

常見:ちょうど20年前、NHK FMでANTHEMのライブを聴いて衝撃を受けてファンになったんです。その時のテープはまだ実家にあり、何度も聴いたんですけど、その中でも一度オーディションに落ちた悔しさを語っていましたね。

 

柴田:2人とも長い付き合いですけど、基本は変わらないですね(笑)。一緒にやろうと声をかけたときの反応から何から。三つ子の魂、百までじゃないですけど。

 

常見:日本のメタル史に関する貴重な証言も多数ありました。当時若干20歳のギタリスト清水昭男さんが加入することになるオーディションには、梶山章さん初め、著名なギタリストが来ていたとか、ANTHEMが解散したあと、じつは二井原実さんがやっていたデッド・チャップリンに誘われたことがあったとか。

 

のちのSLYにつながる、SHARAことEARTHSHAKERの石原慎一郎さんのソロアルバムにも呼ばれていたという。

 

柴田:そうですね(笑)。本でも書きましたが、SHARAが僕と樋口宗孝君(LOUDNESS、SLY、LAZYで活躍したドラマー/2008年肝細胞癌で逝去)が水と油のようだったとインタビューで語っていましたが、なぜなんだろう…と思います。

 

僕の認識とはまったく違うので。ANTHEMを解散したあとは、バンド活動はもういいかなと思っていました。ニイちゃん(二井原実/LOUDNESSのヴォーカリスト)から誘われた時は嬉しかったけれど、そういうことですからとお断りをしました。

 

SHARAのソロということなら参加できたと思いますが、SLYというバンドの話になっていったので、やはり同じ理由でお断りさせていただきました。

 

■「頑固な男の生き様」を見てほしい

常見:新たなバンドへの参加を断るときに「EARTHSHAKERは解散するべきではないのでは?」と話していたり、ANTHEMのメンバーがやめる時もそうですけど、人に関する誠意に心が洗われました。

 

SHARAさんに関しては、文中でもギタリストとしての才能や、作曲のセンスについて触れてられていますね。

 

柴田:はい。僕はEARTHSHAKERというのは、広く日本のロックをつくっている貴重なアーティストだと思うんですよね。

 

常見:思えば、はっぴいえんどの頃から、日本のロックは、日本語をどうメロディやリズムに載せるかという模索をしてきました。サザン・オールスターズもBOΦWYもTHE BLUE HEARTSもそうです。

 

柴田:彼らの『GAMBLER』という曲が印象的ですね。イントロからメロディから、バッキングもギターソロも、シンプルでありつつじつにセンスも良い。

 

常見:LOUDNESSに加入した時の記述も興味深かったです。最初に山田雅樹さんの話が出てきて。彼と一緒のバンドに入るんだ、と。

 

柴田:1987年に坂本英三が辞める時に、スタッフから次のヴォーカリストは誰とやりたいかと聞かれて「山田雅樹はどうしている?」って聞いたんですよね。ちょうど、EZOとしてアメリカで活動していてこれからという時でしたね。

 

常見:じつは同じころ、LOUDNESSも山田雅樹を狙っていたんですよね。彼らのインタビューによると、1988年に二井原実氏が辞めた時、候補に上がっていたのは山田雅樹で、やはりEZOがあったので駄目だったという。

 

結局、二井原実の後任にはマイク・ヴェセーラが入り、そのマイクが脱退して山田雅樹が入るという。

 

柴田:そうなんですか…。この本は、人間関係の記録でもあります。僕がどんな人と、どのように向き合ってきたかという。頑固な男の生き様を見てほしいですね。

 

■メタルバンドに珍しい「解散ライブ盤」

柴田直人

(©Mikio Ariga)

 

常見: ANTHEMが何度かのメンバーチェンジをしつつも、解散に至るまでの流れを読んでいて、胸にグサグサときました。バンドを続けるために、試行錯誤を繰り返しつつ、最後は燃え尽きるという…。私、高校時代に解散ライブのCDを何度も聴いて泣きました。

 

柴田:あぁ…あれは契約の関係上出さざるを得なかったアイテムでした。僕は制作には一切関わっていないんですよ。当初はスタッフから「ホールツアーをやってくれ」と言われ、断ったら、「渋谷公会堂でやってくれ」と。

 

それも断ったら、音源の契約があと1枚あるから日清パワーステーションで解散ライブ盤の収録を兼ねてやってくれないか?という話になったんです。

 

常見:ふと気づいたんですけど、日本のメタルバンドは意外にも解散ライブをやってないんです。だから、解散ライブ盤は珍しいですよ。VOW WOWもEARTHSHAKERも44MAGNUMもREACTIONもDEAD ENDも解散ライブを正式にはやっていないし、解散ライブ盤はないのです。

 

解散ライブ盤『LAST ANTHEM』はバンドも、観客も最初からテンションが尋常じゃないんですよ。失礼ですけど、演奏力が高いことで知られるANTHEMなのに、最初の『SHOUT IT OUT!』から走っているし、『HEADSTRONG』も過去最速の速さで。

 

でも、それが逆に熱くて、時に痛くて…。最後は観客の悲鳴のようなANTHEMコールで終わるという。

 

柴田:あの夜はライブが終わったらすぐに会場を後にしたかったんですけど。おかげさまで、来客が多くて、楽屋にたくさんの人が挨拶にきてくれました。とくに樋口宗孝君やSHARAとも楽屋でしっかり話しましたね。

 

その後、元ローディーと一緒に楽屋を出て、バンドとは関係のない友達と朝まで飲んで、最後はわざわざ吉祥寺まで移動してラーメンを食べたのを覚えています。

 

■解散後はアルバイトしながら作曲家を目指す

常見:この本で初めて明かされた衝撃の事実は、ANTHEMを辞めた後、作曲家を目指しながら、アルバイトもしていたという…。

 

柴田:はい。もうバンドはやめて作曲家を目指すわけですから、まったく当然のことだと自分に言い聞かせていました。

 

神田にある理化学関連の問屋で朝から夕方までアルバイトをして、2〜3時間だけ仮眠をとってからほぼ徹夜をして作曲をする日々を送っていました。本気で作曲家を目指すならそこまでやらなくてはと思ったんです。弱い自分を蹴り上げるためですね。

 

アルバイト生活もそうですが、何事も放り投げ出さずにやり切って自分の弱さを乗り越えようと思っていました。睡眠時間も短かったんですけど、曲を作ってはビーイングに持ち込むということをしばらく繰り返していましたね。

 

常見:そこまでしていたとは…。

 

柴田:でも、この時の経験は、今に活きていて、曲作りの本質に迫ることができましたね。リフやメロディ、曲が生まれていく時の粘りどきを学んだように思います。

 

■「僕の人生の前半戦のまとめ」

常見:この本は、ANTHEMが再結成するところで終わっています。その後もご自身の癌や、メンバーチェンジなど、いろいろなことがありましたよね…。

 

柴田:この本はそういう意味で、僕の人生の前半戦のまとめであって。別に成功者の話なんかではありません。僕だっていつも何度も悩んでいます。僕が何と闘って生きてきたのかをこの自伝を読んで感じていただけたら嬉しいですね。

 

常見:これは、ANTHEMのファンだけなく、多くの人にとって人生のエールになる本ですよ。後輩ミュージシャンたちも勇気づけられるのではないかと思います。

 

だって、日本のメタルのてっぺんにいる人が、これだけ赤裸々に、正直に自己開示したんですから…。今日はありがとうございました。

・合わせて読みたい→【24年ぶり武道館公演】アラフォーの青春バンド「PERSONZ」に直撃インタビュー!

(取材・文/しらべぇ編集部・常見 陽平 写真(対談時のもの):新藤健太・松田主水・山内寛也)

この記事の画像(6枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu