しらべぇ

裁判になった「地下アイドル界の闇」を演劇に 弁護士がプロデュースする『脱獄女子』に注目

アイドルグループ・虹色fanふぁーれメンバーと所属していた事務所との裁判が和解に。悩みやパワハラの様子を自ら演じる。

エンタメ

脱獄女子

昨今、芸能事務所における移籍や契約のトラブルが注目を集めている。国民的アイドルグループだったSMAPは解散し、稲垣吾郎・香取慎吾・草彅剛の3名はジャニーズ事務所を退所。

朝ドラ『あまちゃん』で一躍人気となった能年玲奈は、独立にともなって本名でもある芸名から「のん」に改名した。

 

■地下アイドルの芸能契約は闇が深い

秋葉原などにある比較的小さなライブハウスを中心に活動する「地下アイドル」の契約は、著名な芸能人と比べてさらに悪質なものもある、と芸能トラブルにくわしいレイ法律事務所の河西邦剛弁護士は語る。

研修生から正規メンバーへ、メンバーに選ばれたらセンターなどより目立つポジションへ。こうした人事権はプロデューサーや事務所が握っており、彼らに嫌われると芸能活動ができないほど主従関係が強いためだという。

 

■裁判になった芸能トラブルを舞台に

脱獄女子

その河西弁護士自身が感じる地下アイドル業界の闇を元に、劇団チキンハートの脚本家とともにつくりあげた舞台『脱獄女子』が、今月11日から東京・豊島区のシアターKASSAIで公開される。

主演するのは、裁判の原告であったアイドルグループ・虹色fanふぁーれ元メンバーの言葉乃アヤ(23)と春野次なつ(22)だ。

同グループは、今もメンバーを入れ替えて活動しているが、昨年9月に7名のうち5名のメンバーが脱退。11月には、賃金の不払いや「契約終了後2年は芸能活動ができない」といった契約が不当だとして脱退した4名が事務所を提訴していた。

なおこの裁判は、5月31日付で和解が成立している。

 

■給与はまるまるレッスン料で相殺

脱獄女子

2人は、オーディションに合格して事務所に所属し、虹色fanふぁーれメンバーとして活動することになったが、その契約は月給3万8千円に対して、同額のレッスン料が引かれ、実質的には交通費しか支払われないというもの。

それでも、「歌やダンスの専門学校に行っていて、その学費はもっと高かったので、『レッスン料なら仕方ない』と当時は疑問に思わなかった」と言葉乃は語る。「デビューしたい一心」という思いもあったようだ。

しかし、週1回のレッスンがライブと重なることも多く、振替制度もなかったため、「月4回のはずが2回になり、去年の4月以降はほとんどレッスンを受けられなかった」という。

 

■「芸能の仕事を続けるなら全力で潰す」

脱獄女子

「ライブの本数が少ない」「物販の内容を考えたほうがいい」など、ファンから寄せられた苦情を改善したいと脱退前から事務所に話し合いを求めていた彼女たち。

マネジメントが改善されない場合は解散を求めたところ、事務所の担当者からは「(グループを抜けるなら)絶対に芸能の仕事をするな」「もしやるんであれば全力で潰すぞ」などと脅されたという。

たしかに契約書には「退所後2年間は芸能活動ができない」と記されていたため、河西弁護士に相談。「この契約書からは完全に逃れられないと思っていた。弁護士さんでも無理かなって」と、春野次は振り返る。

しかし、相談していくうちに「洗脳が解けてきた」と語った。

 

■事務所・アイドルは実質的な「労働契約」

河西邦剛弁護士

事務所を辞めたら芸能活動を続けられないと思っていた彼女たちの契約書を、河西弁護士は仔細に分析した。

河西弁護士:契約書に書かれているすべてが有効とは限らず、独占禁止法や労働法規、公序良俗に反するような条項は無効となります。たとえば、労働者であれば、賃金をレッスン料と相殺することは認められません。

 

芸能事務所とアイドルの場合、指揮監督関係があることから、業務委託契約であってもほとんどの場合は労働契約と認定されます。

 

また、その年齢における年収相場と比較して賃金が十分に支払われていない状態にも関わらず、長期の契約で縛ることは認められません。地下アイドルとしてはかなり多い水準と言える年100万円の契約でも、裁判所に即時解約が認められたケースもあります。

 

また、「契約終了後の活動禁止」についても、一般的には認められないという。

河西弁護士:今年2月、公正取引委員会が「独占禁止法の保護範囲に芸能契約が含まれる」旨の報告書を出しています。移籍を制限するために退所後の活動を禁止するのは独禁法違反の恐れがあり、活動禁止期間中の対価を支払うのでなければ、禁止を強制することはできません。

 

■リアルな舞台に大きな反響

言葉乃は、「本当に伝えたいメッセージを脚本に書いていただきました。ラストシーンは、自然と涙が出ちゃう」と語る。春野次は、演じながら、当時の記憶がフラッシュバックしてしまうこともある。「これがよく現実だったな、よく耐えられたなと思います」と振り返った。

また、今回の舞台は朝日新聞に取り上げられるなど、大きな反響があったと河西弁護士はいう。

河西弁護士:出演者がすごく有名なわけではないのに注目していただいているのは、実際に元原告の地下アイドルが演じる、というリアリティと、裁判が和解した直後というタイミングもあると思います。

 

テレビで話題になる芸能トラブル以上に苦しんでいる地下アイドルたちが今もいて、この問題をわかりやすい形で取り上げるのは、今しかないんじゃないかと考えました。

 

また、芸能人は「裁判を起こしたイメージ」がつくと、なかなか活動が難しくなります。だから、和解後すぐに活躍する場を用意してあげたいな、と。

 

■もう一度アイドルをやりたい

脱獄女子

パワハラを受け、裁判にまで至った芸能の世界。無事和解できたとはいえ見たくない裏側も見てしまった彼女たちだが、今も前向きだ。

言葉乃は、「悩んでいるときに自分が救われたのは歌だった。『これが自分のやりたいことだ』と再確認できたので、できることなら、もう一度ちゃんとアイドルをやりたい」と語る。

ステージで感じるファンとの一体感は、経験者しかわからない楽しさであり、「みんなが悩みながらもステージに立ちたいのもわかる」という。

しかし一方で、その魅力が奴隷的な契約に若い女性たちを縛り付ける一因になっているのかもしれない。喜びも悲しみもどちらも体験したアイドルたちが演じるリアルなストーリーは、気になるところだ。今回の公演は15日まで行われる。

・合わせて読みたい→【法律コラム】アイドルが恋愛禁止を破り65万円の損害賠償…この判決は妥当なのか?

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト 取材協力/『脱獄女子』

この記事の画像(6枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu