オウム真理教・7名死刑執行 「帰宅ルート変更」「外出控える」不安の声が相次ぐ

オウム真理教・松本智津夫死刑囚ら7人の死刑が執行され、漠然とした不安に駆られる人も

 

■「帰宅ルート変更」「予定変更」など相次ぐ

こういった懸念の声が相次ぐ中で、個人で具体的な対策を取ろうとする人たちも。

https://twitter.com/ke___ic_01/status/1015054073878310912

予定を中止しようとする人や、帰宅ルートを変更する人、帰宅ラッシュの時間帯を避けて帰宅しようとする人など様々。多くの人たちが「漠然とした恐怖」のなかに陥っている。


 

■警察当局で万全の体制へ

7人の同日死刑執行を受け、様々な懸念の声も相次いでいる中、菅義偉官房長官は会見を行い、「警察当局において万全の対策を取る」と強調した。

歴史的な凶悪犯罪が大きな局面を迎え、過去の過激な事件の数々から、漠然とした不安に駆られている人は少なくない。何も起こらないことを願うばかりだ。

・合わせて読みたい→『あさイチ』菜箸の発音に視聴者から生クレーム スタジオの空気が凍りつく事態に

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ