あおり運転を注意され車ぶつけた男 「殺すつもりなかった」に批判の嵐

いつ被害にあうかわからない「あおり運転」。他人事ではない。

社会

2018/07/06 20:00

(Berezko/iStock/Thinkstock)

6日、あおり運転をめぐってトラブルになった男性に車をぶつけて殺害しようとした殺人未遂の疑いで、埼玉県久喜署は同県在住の男(25)を逮捕した。

その後、警察に対して男が語ったとされる内容に、怒りの声が相次いでいる。

 

■前の車が遅く、あおり運転

産経ニュース」によると、逮捕容疑は5日午後7時頃。容疑者は前の車が遅いことに腹を立て、男性が運転する車に後ろから極端に近づくなど、数百メートルにわたってあおり運転を行なう。

その後、男性が車から降りて注意してきたことでさらに腹を立て、男性が自身の車に戻ろうとした際にはねたという。これにより、男性は左腕を負傷する怪我を負った。

なお、取り調べに対して容疑者は「ぶつけたが、殺す気はなかった」と容疑を否認しているという。

 

■「殺す気はなかった」に衝撃

この報道に対し、ネット民からは怒りの声が相次ぐことに。また、「殺す気はなかった」という言葉に対して、「車が凶器になりえることを理解していない」という厳しい声も見られる。

・殺人未遂容疑で逮捕。。。全然問題なし。

 

・最近この類の事件多いね。怖いなー やっぱドライブレコーダーは必須の時代なんだろうね

 

・人に車をぶつけたなら、普通に殺人未遂事件でしょ

 

・殺す気は無かった?

 

・車が凶器になりえることを理解してないのだろう

 

・殺す気はなかったって、車で轢いたら死ぬ可能性あるってこともわかってないのか…

 

■3分の1は「あおり運転」被害を経験

しらべぇ編集部で全国の20代〜60代の男女1,328名に、あおり運転について調査を実施したところ、全体の35.0%が「されたことがある」と回答。いつ何時自分があおられる側になるかわからない…そう思える結果だ。

 

「あおり運転」をする人は、冷静さを欠いている可能性が高い。あおられた人は、悔しいが注意せず、その場からさっと立ち去るのも、身を守る方法のひとつなのかもしれない。

・合わせて読みたい→あおり運転をした男性2人を殴った男逮捕 「殴られたほうも悪い」の声相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名(有効回答数)

あなたにオススメ