最も嫌いな情報帯番組MCランキング 1位はベテランで歯に衣着せぬ発言の…

毎日放送される情報帯番組MCのなかで最も嫌いなMCを調査。1位は?

エンタメ

2018/07/07 11:30

(Vachom/iStock/Thinksotck)

朝から夕方にかけて、各局では「情報帯番組」を放送。小倉智昭や加藤浩次、宮根誠司など大物MCが登場し、月曜から金曜までさまざまな情報を伝えている。

そうなると当然、「好き、嫌い」が出るもの。しらべぇ編集部が独自にピックアップした15人のうち、最も嫌いなMCは誰かを調査。

小倉智昭・加藤浩次・羽鳥慎一・国分太一・坂上忍・恵俊彰・石井亮次・宮根誠司

安藤優子・ふかわりょう・設楽統・南原清隆・ビビる大木・岡田圭右・橋本大二郎

その他


結果をランキング形式で紹介する。


 

■第5位:加藤浩次(4.7%)

5位は『スッキリ』(日本テレビ系)でMCを勤める加藤浩次。バラエティ番組では傍若無人な振る舞いをすることも多い彼だが、『スッキリ』では極めて常識的な進行を見せる。

しかし、バラエティでの高圧的なイメージが強いだけに、嫌う人もいるのかもしれない。


関連記事:関ジャニ・安田章大が髄膜腫を公表 渋谷すばるにファンからの批判が相次ぐワケ

 

■第4位:ふかわりょう(5.8%)

東京ローカルでありながら、昨今は北関東や近畿地区にもネットされるなど高い影響力をもつ『5時に夢中!』(TOKYOMX)MCのふかわりょうが4位に。

マツコ・デラックスや岩井志麻子、そしてかつては岡本夏生などと渡り合ってきたふかわだが、なぜか一部にアンチが存在しているよう。

本来芸人でありながら、個性的なコメンテーターに押されがちなため、「もっと頑張れよ!」と思われてしまっているのかも。


■第3位:宮根誠司(10.6%)

3位は『情報ライブミヤネ屋』(日本テレビ系)で長年MCを担当する宮根誠司。歯に衣着せぬ発言で近畿地区を中心に人気のある彼だが、番組中スタッフに高圧的な姿を見せたこともあり、「嫌い」という声も。

ちなみに宮根誠司を「嫌い」と答えた人を性年代別見ると20代女性の割合が高く、16.1%とほかを抑えてトップの数字に。

過去には愛人・隠し子問題などが発覚しており、未だにいい印象を持てない人は少なくないのだろう


■第2位:坂上忍(13.6%)

『バイキング』(フジテレビ系)での発言がたびたび物議を醸す坂上忍が2位。その毒舌でタモリの後継者となった彼だが、残念ながら好感度は低く、嫌いな人も多い様子。

それでも本人はあまり気にしていないようで、奔放発言を続けているのだが…。アンチも人気のうちということだろうか。

ちなみに坂上忍を嫌いと感じている人が最も多いのは、30代女性で21.9%となっている。


■第1位:小倉智昭(14.5%)

最も嫌いな人が多かったのは『とくダネ!』(フジテレビ系)でMCを勤める小倉智昭。情報帯番組MC陣のなかでは最もベテランの彼だけに、知名度・実績とも群を抜く存在だ。

根強い人気を持っているはずなのだが、その発言が「失言」と批判されることも多いだけに、今回の結果になった様子。

ちなみに小倉智昭を嫌いと考えている層が多いのは20、30代で2割。一方20代男性は支持しており、嫌いな人は6.3%しか存在していない。どうやら女性ウケが悪いようだ。

小倉智昭が1位となった最も嫌いな情報帯番組MCランキングだが、31.0%が「その他」と回答。働いているため帯番組を見ていない、もしくはローカル局のMCなどを思い浮かべた人がいるのかも。

昨今バッシングを受けることが多い坂上忍を抑え、小倉智昭が1位となった今回の調査。ある意味、名誉なことなのかも。

・合わせて読みたい→松本人志、「妻の荷物を持たない」発言に「なんのための筋肉?」とイジられ激怒

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日
対象:全国20代~60代の男女1,474名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)