しらべぇ

エコノミーなのにこのクオリティ! カタール航空「成田→ドーハ便」の機内食が激ウマ

機内食って美味しくないと地獄…でもカタール航空なら安心かも

グルメ ライフ

カタール国営で、航空連合のひとつ「ワンワールド」に所属するカタール航空。

2018年にフライトが遅延や欠航した場合の補償受け取りを支援する企業『エアヘルプ』が発表したサービスクオリティなどを数値化したスコアで、見事1位を獲得している。

さまざまな航空会社を押さえて1位になったカタール航空にしらべぇ取材班が搭乗したときも、そのサービスの良さにとても驚いた。

 

■シートはそこそこ広い

記者が搭乗したのは成田→ドーハ便で、ヨーロッパへ乗り継ぎでドーハ・ハマド国際空港を利用する人が多く使う路線だ。

エコノミークラスなのでシートの幅が狭いと思いきや、男性でもある程度足を伸ばせるぐらいの広さは確保されているため快適。

 

■アメニティも充実

アメニティはジッパーつきの袋に入れられ、着席時に用意されている。

中身は歯ブラシにアイマスク、耳栓や靴下など旅行に重宝するものばかりで、とくに歯ブラシは海外の安価なホテルだと用意されていない場合もあるため、非常に助かる。

 

■機内食は激ウマ

機内食は記者が搭乗したときはベジタリアンと魚だったので、魚をチョイス。

つけあわせのポテトはホクホクで、ラタトゥイユもじっくり煮込まれた感があり、野菜の甘みたっぷりで最高。魚もクリームソースと良く合い、文句ナシの100点。

 

■カトラリーが高級感を演出

機内食のデザートはただ甘いだけのものもあるが、カタール航空のケーキは濃厚なチョコレートを使いつつ、甘さもそこまでではないため最後まで美味しくいただけた。

ちなみにカトラリーは金属製。コレは同じ中東の航空会社『エミレーツ航空』と共通しているが、プラスチックではないので高級感を演出してくれる。

 

■世界一の航空会社として文句ナシ

さすが世界一の航空会社に選ばれただけあり、機内食も座席も文句ナシのクオリティだった。

ちなみに、日本の航空会社はエアヘルプのランキングには載っていないのだが、トリップアドバイザーの航空会社ランキングでは日本航空が4位となかなか頑張っているようだ。

・合わせて読みたい→往復宿付き2万円台でこのウマさ! 『香港航空』成田・香港便の機内食レビュー

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(11枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu