頼ってくれない恋人に不満な女性 同棲拒否に「諦めろ」と冷製な指摘

なんでも相談しあい、支え合いたい彼女と、本音や弱みを見せたくない彼氏。

男女

2018/07/07 07:00

(Wavebreakmedia Ltd/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

他者と上手に付き合っていくには、自分と相手の違いを認め、ズレや不満、ギャップに折り合いをつけていくことが大切だ。

だが、相手のことが大切になるあまり、自分との価値観の違いが受け入れられなくなることもある。「はてな匿名ダイアリー」のエントリーに注目が集まっている。


 

■頼ってくれない恋人に不満の女性

アラサーの投稿者(女性)は同じくアラサーの男性と交際中。だが、頼ってくれず、心の内側を見せてくれない恋人に不満を持っているよう。

例えば彼は、うつ病になったときもある程度治ってから報告し、新しい仕事を決めるときも事後報告。辛いときは話を聞きたい、力になりたいと投稿者が伝えても、「悩んでいるときの自分を見せるのは、難しい。恥ずかしいしできればしたくない」という反応。


関連記事:関ジャニ・安田章大が髄膜腫を公表 渋谷すばるにファンからの批判が相次ぐワケ

 

■同棲提案も「難しい」と断られる

その後、「一緒に住まないか」と提案した投稿者。金銭面的にも投稿者のほうが稼ぎが良く、いざとなれば養ってもいいという覚悟の決断だった。

しかし、彼は「自分の時間やパーソナルスペースがないと辛いので、難しい」「家賃を負担されるのも責任を感じて辛いので、自分は今のまま、お金がなくても自由に暮らしたい」と返答。

結果、投稿者は途方に暮れてしまったという。

次ページ
■冷静な指摘が相次ぐ