しらべぇ

横浜・大口病院、連続中毒死事件 犯人逮捕の方針に「ついにか…」と安堵の声

横浜市神奈川区の大口病院で起きた連続中毒死事件。犯人逮捕の知らせにネットでは安堵の声。

社会

看護師

(SIBAS_minich/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

横浜市神奈川区の大口病院(横浜はじめ病院に改称)で2016年9月に入院患者2人が相次いで中毒死した事件。神奈川県警は7日、このうち1人の男性(当時88歳)を殺害した疑いがあるとして、病院に勤務していた元看護師の女(31)の事情聴取を始めたとのこと。

県警は容疑が固まり次第、殺人容疑で逮捕する方針だという。

■呪われた4階

中毒死したのは、横浜市青葉区の無職、西川惣蔵さん(当時88歳)と、同市港北区の無職、八巻信雄さん(同)。2人は4階の同じ病室に入院。西川さんは16年9月18日午後7時ごろに死亡。八巻さんは20日午前4時55分ごろ死亡が確認されたという。

八巻さんの死亡後、司法解剖で、体内から界面活性剤の成分が検出され中毒死と判明。界面活性剤は、殺菌消毒液に含まれていた。

事情聴取を受けている女は当時、主に事件が起きた4階病棟を担当。9月18日は夜勤のため午後3時ごろ出勤し、19日は午前に勤務を終えたとのことで、八巻さんの死亡時には病院にいなかったという。

この事件を受け、看護師の間では「4階は呪われている」と噂になっていた。

 

■「ついにか…」と安堵の声

事件発生後の約2年越しの逮捕に、ネットからは「ついにか…」と安堵の声があがっている。

・ついにか…。迷宮入りだと思ってたけど捕まってよかった。「病院」という場所だけに、いつ自分の身に降りかかるかと考えると怖くてたまらなかった

 

・目ぼしい証拠がなかっただけに、捜査は大変だっただろう。2年間も女はどうやって捜査の目をくぐっていたのだろう。警察の執念に乾杯だ

 

いま病院に入院している人や近くに住んでいる人は、さぞ安心したことだろう

 

こうした安堵の声の中には、「極刑に処すべき」などと犯人の厳罰を望む声もあった。

 

■「怖すぎる」と戦慄の声

一方で、看護師の犯行という事実を受けて、ネットでは戦慄の声があがっている。

・やっぱり看護師の犯行か。内部犯てのは何となくわかってたけど、自分に置き換えてみると本当に怖い

 

自分が、そこの病院に入院していたとすると本当に怖すぎる。病院が信用できないとなれば、もう誰を信じればいいのだろうか

 

立場を利用して、体内に消毒液を入れるなんて人間のやることじゃない

 

誰しも一生に一度は経験するであろう、入院。そこでは、医師や看護師のいうことが絶対だといっても過言ではない。そんな折に起きた、今回の事件。われわれは一体誰を信じればいいのだろうか。

被害者の方のご冥福をお祈りするとともに、今後このような事件が二度と起こらないことを願いたい。

・合わせて読みたい→相模原大量殺人で「精神障害=犯罪」のイメージが広がる懸念

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

この記事の画像(1枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu