職場のエレベーターで「この人は仕事がデキる男」だと確信した行動3選

普通の人とは一味違った行動を起こして、女性の目を奪う人もいるようだ。

エレベーター
(zoff-photo/iStock/Thinkstock)

仕事がデキる男というのは、日常の些細な行動から違うのかもしれない。

しらべぇ取材班は、会社勤めの女性たちに「職場のエレベーターで、優秀な男性だと確信した行動」を調査してみた。

 

①降りる瞬間に絶妙なタイミングで「閉」

「職場のエレベーターは階も人も多く、ほぼ全階で止まるので、乗り降りが遅い人にイライラすることが多くあります。

 

そんな中、自分が降りるときにサッと『閉』ボタンを押して降車した男性がおり、彼が降りたのと一緒にエレベーターが閉まる。

 

無駄なロスがないし、颯爽と去っていく後ろ姿と同時に閉じていく扉を見て、この人は間違いなく仕事がデキる人だと思った」(20代・女性)

 

②乗ってくる人に希望の階を聞く

「混雑したエレベーターに乗ったときに、ボタンの近くにいる男性社員がすぐに『何階ですか?』とハキハキした声で聞いてくれました。

 

こちらから『◯階お願いします』と言ったら押してくれる人はいるけれど、乗った瞬間に相手から聞いてくれるのは初めてだったのですごい人だな…と。

 

のちに営業部の人だと知りましたが、きっとあの子は間違いなく成績がいいと思う」(30代・女性)

次ページ
③定員オーバー時には自分がすぐに降りる

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ