しらべぇ

現実ではイイ人なのに… 「SNSだとウザくなる人」のNG行動3選

SNSで「こんな人だったの…?」と意外な面を見てしまうことも…

ライフ

学生

(Koji_Ishii/iStock/Thinkstock)

ネットの世界であるSNSでは、匿名性があったり、実際に目に見える人の視線はなかったりと、ついタガが外れてしまいがち。

だからこそ、日常生活では隠している一面が出てしまうことも…。

しらべぇ取材班は、「現実ではイイ人だったのに、SNSだとウザい人になった友人がいる」という人々に話しを聞いてみた。

 

①見知らぬ人の投稿にケチをつける

「他人の投稿を見ては『フォロー外から失礼します』と言いながら『この葉は犬に害になるので気をつけたほうが…』などと小言コメントをする男友達。

 

よくSNSにいる『うぜーな』と思うタイプが、こんな身近にいたなんてショックだし、現実世界ではそんなネチネチした奴じゃないので驚いた」(20代・男性)

 

②みんなにかまってほしい人

「『はぁ。こんなことが起こるなんて…』『あー、もう本当にヤバイ!』と一言だけ書いて、みんなの『どうしたの?』を期待している子がいます。

 

でも実際に話しを聞くとたいしたことじゃない。リアルでは普通の子だけど、SNSでのかまってちゃん行動に引いて、あまり良い印象がない」(20代・女性)

 

③無関係な投稿にも自分の顔を入れる

「『今日は暑いね!』と自撮り写真、『お好み焼き食べにきたよ!』と料理と一緒にキメ顔など、とにかく自分の写真ばかりを投稿する子。

 

日常では清楚系の品がある女性で、すごく憧れていたのに、こんな自分大好きなイタい人だったんだ…と知って、見る目が変わってしまった」(20代・女性)

 

■自撮りに嫌悪感がある人はどれくらい?

しらべぇ編集部が、全国20代〜60代のSNSユーザー637名を対象に調査したところ、SNSで自撮りを公開する人は自意識過剰すぎると考える人の割合は39.7%。

SNSでは自分の好きな投稿をするべきではあるが、友人知人が見ているものでもあるため、どんな内容をアップするかで引かれることもあるもの。

他人からの目が気になる人は、度が過ぎたSNS投稿は控えたほうがいいかもしれない。

・合わせて読みたい→周囲のリア充投稿を見るのが辛い…「SNSやめたい」と思った瞬間3選

(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
査期間:2016年8月26日~2016年8月29日
対象:全国20代~60代のSNSユーザー637

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu