テリー伊藤、麻原彰晃をTV出演させた件を釈明 デーブは「どう見ても詐欺師」と批判

自身の演出番組に松本智津夫死刑囚を出演させていたテリー伊藤。それを問われると…

エンタメ

2018/07/08 14:30

テリー伊藤

8日放送の『サンデージャポン』(TBS系)で、死刑が執行された麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚についてテリー伊藤がコメント。その内容に批判が集まっている。


 

■テリー伊藤が釈明

田中裕二から「逮捕される前ですけど、バラエティ番組に出たりとかしていましたよね」と振られた松本死刑囚をテレビ出演させたことがあるテリー伊藤は、

「空中浮遊とか、バラエティっぽいんですよ。面白いななんて思ってた。僕らもまさか松本死刑囚がここまで悪い人間だとは思わなくて、本当にキワモノだと思って、バラエティには良いんじゃないかと思っていたぐらいなんですけども…」


とコメント。続けて、

「たぶん、マスコミも日本全部がですね、まさかこんな悪の集団だとは思わなかった。この状況の中で、坂本弁護士さんの一家を殺害していたわけですよね。そうなると僕らも読みが甘かったなと感じますね」


と釈明した。


 

■デーブ・スペクターが批判

これに真っ向から反論したのがデーブ・スペクター。終始テリー伊藤の話を怪訝そうな顔で聞き、時折首を傾げていたデーブは、

「カルト教団とはなにか、マインドコントロールと洗脳の区別すらわからないメディアもいけない。まさかわからないとテリーさんは言ったけど、あれはどうみても詐欺師なんですよ。


やってること全部トリックなんですよ。カルト教団なんて上が得するだけで信仰なんか何もない」


と断罪。そのうえで、

「メディアもよくわからないまま、半分面白いと思ったのかやった(放送した)んです。警察も消極的すぎた」


とメディアと警察を批判する。そのうえで「どうしても言いたい」とし、

「一番狙われるのが大学生なんです。うぶで、なんか世の中に良いことをしたい。初めて実家を離れる。留学生もそうなんです。


心細い、なにか嫌なことがあった。それも狙われるんです。本当にターゲットにするんです。ものすごく親しくして、実態がわからないまま、気がついたら入ってしまうという、マインドコントロールの恐ろしさなんですよね」


と、大学生に警鐘を鳴らした。

次ページ
■ネット民はテリー伊藤に怒りの声

あなたにオススメ