インパルス板倉、新婚の山崎アナ・おばた祝福 「誰も嫉妬しない奇跡のロスゼロ夫婦」に納得

『さんまのお笑い向上委員会』で山崎夕貴アナとおばたのお兄さんの結婚を祝福。インパルス・板倉俊之も乱入し持論を展開した…

エンタメ

2018/07/08 09:00

板倉俊之
(画像は板倉俊之公式ツイッターのスクリーンショット)

立場や収入、将来性から「格差カップル」と揶揄されがちな、芸人・おばたのお兄さん(30)とフジテレビの人気アナウンサー・山崎夕貴(30)が、7日放送『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で結婚披露宴を催した。

そんなお祝いムードが溢れるスタジオに、「色々あって、やさぐれてる」インパルス・板倉俊之(40)が乱入。2人を「奇跡のロスゼロ夫婦」と例え、視聴者からの共感を集めている。



 

■おばた・山崎夫妻に板倉が祝辞

相方の不祥事でコンビでの仕事を失った板倉。昨今は、それをネタに「やさぐれキャラ」として人気を獲得、八面六臂の活躍をしているのはご存知の通り。この日も、板倉らしいユーモアを交えて2人への祝辞を口にした。

板倉は2人に向かい、「自分たちのどこが幸せか理解していない」と苦言を呈し、持論を展開していく。

「芸能人同士の結婚」を例に、「女子アナが結婚したら『俺のアノ人とられた』とか、男性芸能人の場合だと、『私もう会社休む』っていう女性がいる」と双方のファンがショックを受ける「〇〇ロス」を示唆。

しかし、2人の場合は「(自分の調査では)それがゼロ」だと板倉は断言し、「だれからもやっかまれない、全国民に100%祝福されている」と分析した。


関連記事:関ジャニ・安田章大が髄膜腫を公表 渋谷すばるにファンからの批判が相次ぐワケ

 

■周囲は板倉に賛同

誰からも嫉妬されない「奇跡のロスゼロ夫婦」と称されるのは、人気商売の山崎アナ・おばたからすれば複雑。「素直に喜べない」と苦笑いを浮かべる2人に、板倉は「でも嫌がらせもないでしょ。はい、幸せ」と主張を強める。

これに男性陣は、女優・佐々木希と結婚したアンジャッシュ・渡部建には「ええなあ」と嫉妬したが、「誰もおばたに『ええなあ』って言ってない」と嫉妬ゼロに賛同。

山崎アナの先輩・後輩の女子アナに、「まったく嫉妬ないですもんね。形式上の嫉妬だけ」と話が及ぶと、全員が「まったく」と頷き、女性陣も「嫉妬ゼロ」に共感をのぞかせた。

次ページ
■板倉に賞賛