葬儀する金なく母の遺体を1年半放置? 逮捕の娘に同情と疑いの声

「年金不正受給狙いで黙っていたのでは」という声も。

地域

2018/07/09 17:30

(©ぱくたそ)

9日、札幌・北署は母親とみられる女性の遺体を約1年半にわたって放置したとして、死体遺棄の疑いで市内に住む女(71)を逮捕した。

このニュースに対し、ネット上ではさまざまな声があがっている。

 

「葬儀をする金がなかった」

TBSニュース」によると、逮捕容疑は昨年1月下旬頃。市内のアパートで女性が死亡しているのを発見したものの、今年6月末まで放置し、遺体を遺棄したという。

警察の捜査によると、女性はこの部屋に住む90代の母親とみられており、連絡が取れないことを不安に思った管理人が警察官とともに部屋に入ると、すでにミイラ化していた。

なお、女は「葬儀をする金がなかった」と容疑を認めているとのことだが、女が母親の年金を詐取していた疑いもあるとみて、警察ではさらなる捜査を進めている。

 

■ネットでは同情の声

この報道を受け、ネットでは声が分かれることに。まず、「葬儀をする金がなかった」という話を信じる人たちからは…

・本当に生きて行くすべがない人に生活保護費が回らないで、パチンコとか行くクズにばっか回るんだよなあ

 

・勿論、この女性に非があるのですが、金もなく、誰も身寄りもなく、相談できる人も居ないと、自分の親が死去した場合でも、今後の少子化で、こういうケースが多発する気がします

 

という同情の声が。

次ページ
■無知を責める&疑いの声も

あなたにオススメ