しらべぇ

ブルゾンちえみ、岡山の大雨被害に尽力 「本当にいい人」「すごい行動力」と称賛の声

ブルゾンちえみが地元岡山の大雨被害に尽力している。

エンタメ

西日本を中心とする大雨による被害。警報はすでに解除されているが、土砂災害など今後も厳重な注意が必要な状況だ。

そんな中、岡山出身のお笑いタレント、ブルゾンちえみ(27)が災害情報をインターネット上で発信。「本当にいい人」「すごい行動力」と称賛の声が相次いでいる。

 

■地元岡山に呼びかけ

地元、岡山が大雨の被害を被っていることを受け、「岡山のみんな~! 大丈夫ですか~! (大丈夫じゃないよね)」とツイッターで呼びかけたブルゾン。

「こんな災害、岡山ホントめったにないから、みんな対処の仕方がわかんないよねえ」と、岡山出身者だからこそわかる思いを綴った。

そして「フォロワーさんから送られてきた浸水対処法! 共有します!」と、水害にあったときに注意すべきことがまとめられた画像をアップした。

 

■ツイッターで情報発信に尽力

ブルゾンは有益と思われる情報をフォロワーから募り、自らのツイッターで発信することに尽力。さらに、物資が届いていないなどの現状に対し、「自治体さんも動いている」「被害を受けていない人も役に立つ行動をとれる」とツイートした。

フォロワーから集まった情報を拡散するだけでなく、被災地の人たちを安心させるツイートにも気を配っていることがわかる。また、デマと思われる情報が流されていることに注意も促した。

 

■「本当にいい人」「すごい行動力」

ツイッターで災害に関する情報発信を行っているブルゾンには、「本当にいい人」「すごい行動力」と称賛の声が相次いでいる。

 

■ネットで見た情報をすぐに信じる?

しらべぇ編集部では以前、全国20~60代の男女1,365名を対象に「ネット情報を信じるか」の調査を実施。「すぐに信じてしまう」と回答した人の割合は、17.6%という結果になっていた。

(©ニュースサイトしらべぇ)

今回の大雨被害でも、デマの情報が出回っていることに注意喚起する声があがっている。そんな中、ブルゾンのように発信力のある人が、情報を取りまとめてくれるのは本当に心強い。

・合わせて読みたい→『R−1ぐらんぷり』ブルゾンちえみの悔し涙にもらい泣きした人が続出

(文/しらべぇ編集部・野瀬 研人

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日
対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu