まさに世界的美味しさ! 『インド版カップヌードル』は日本人が食べても激ウマ

これはウマい! インド版カップヌードルを紹介

日清食品が販売する日本を代表するインスタント麺、『カップヌードル』。

日本だけでなく世界中でカップヌードルは売られているが、どの国のカップヌードルも、それぞれ違った味わいがあるのが特徴。


 

■インド版カップヌードルの特徴

たとえばインド版のカップヌードルのおもな特徴としてまずあげられるのは、ベジタリアン用とノンベジタリアン用に分けられていること。

カップヌードルだけではないが、緑色の丸が描かれているのがベジタリアン用で、赤色の丸が描かれているのがノンベジタリアン用だ。


 

■スパイスだらけのフォークが中に入っている

また、フォークが中に入っているのも面白い。スパイスだらけになってしまっているが、あまりそれを気にしないのもインドっぽいところ。

次ページ
■マトン味は濃厚

この記事の画像(7枚)

あなたにオススメ