しらべぇ

「誕生日の司会に真田広之」「1000坪23億円の別荘」 千葉真一の親バカぶりが規格外

『有吉ゼミ』で芸能界の親バカたちが集合! 千葉真一の親バカぶりが規格外だった…

エンタメ

千葉真一

「二世タレントは甘やかされて育った」と思われがちだが、それを裏付けるような有名芸能人の「親バカぶり」が9日放送『有吉ゼミ』(日本テレビ系)で明らかとなった。

特に、日本を代表するアクション俳優でジャパンアクションクラブの創始者・千葉真一(79)の規格外の親バカぶりに注目が集まっている。

 

■二世芸能人親バカNO.1は?

この日は「二世芸能人親バカNO.1決定戦」と題し、千葉真一と女優・野際陽子の娘で舞台女優の真瀬樹里(43)、吉幾三の娘でソウルシンガーのKU(40)、生島ヒロシの息子でダンサーの生島翔(32)が集結した。

小学3年生で「かわいいポシェットが欲しかった」というKUに「50万円のブランドバックを買った」吉、留学時「1回300万円の仕送り」をしていた生島ヒロシなど、親バカぶりが明かされスタジオは騒然。

しかし、その中でも千葉の娘への親バカぶりは規格外だった。

 

■娘のために23億円の別荘購入

真瀬自身は「そんなに親バカとは思ってない」と語っていたものの、千葉本人は「俺も親バカだと思う。必死になってやってしまう」と親バカを認めた。

「樹里ちゃん」と呼びながら、娘の話題を口にする姿はまさに親バカそのもの。

小学生の娘のために、プールやテニスコート付きの「1000坪23億円」の別荘を京都に購入。「いつも喜んでましたね。嬉しい顔を見るとデレッとなっちゃう」と当時を振り返る千葉。

真瀬の誕生日には、ホテルでケーキや料理を用意、司会に俳優・真田広之と女優・志穂美悦子を呼び50人規模の盛大なパーティーを開催。喜び楽しむ娘を思い出しながら「あれ以上の喜びはない」と顔をほころばせた。

 

■親子共演でも親バカ

19歳で女優の道へ進んだ真瀬と時代劇で親子共演を果たした千葉は、娘の殺陣や演技を絶賛。自ら絵コンテを描いて監督に真瀬の追加シーンを直談判、2人の対決シーンは15分にも及んだという。

千葉は「あの(殺陣の)スピードは日本の女優さんで出来る人は今いない。あの子は日本の財産」と親ならではの贔屓目と、惜しみない愛情をのぞかせた。

 

■視聴者も納得

最終的に「親バカNO.1」に選ばれたのはやはり千葉だった。視聴者も結果に納得、しかしその規格外の親バカぶりには驚きを隠せない。

 

■6割以上が「二世タレントの親は甘い」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,336名を対象に調査委したところ、6割以上が「二世タレントは親が甘すぎる」と回答した。

二世タレントの親全員が甘いはずはないが、千葉や吉、生島らの親バカぶりや世間を騒がす二世タレントの話題を鑑みれば、世間が「甘やかされている」という認識をもってしまうのも仕方がないのかもしれない。

・合わせて読みたい→娘に「1億2000万円のリハーサル室」建設 俳優・辰巳琢郎の親バカがスゴすぎ

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の男女1,336名(有効回答数)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu