しらべぇ

銀行員が3億7500万円を着服し失踪 「預けるのが不安になる」と心配の声も

生涯収入を大きく超える金額を持ち逃げ。

社会

(DAJ/iStock/Thinkstock)

9日、首都圏を地盤とする地方銀行のきらぼし銀行は、石神井支店に勤務していた男性の元行員(36)が約3億7500万円を着服し、失踪したことを発表した。

あまりに大金すぎる着服事件に、ネット上ではさまざまな声があがっている。

 

■定期預金証書を偽造

読売オンライン」によると、元行員は石神井支店ら計2支店と取引がある2法人、4個人の定期預金を作成する際に、偽造の定期預金証書を渡して、現金を着服したという。

そして今月2日に顧客から定期預金解約の申し出を受けた際、定期預金が存在しないことが発覚。着服が明らかになった。なお、8日付で元行員は懲戒解雇処分になったそうだ。

 

■驚きの声相次ぐ

1個人の生涯収入を大きく超える金額の着服に、ネット上では驚きの声が。

・これはまた桁違いの金額だ

 

・今頃逃亡も兼ねた海外旅行かな

 

・すごい金額だね 元行員はギャンブルでもしていたのかな?

 

・それだけの金を掴んだなら、面白おかしく遊んで暮らせるだろう

 

■内部体制に疑問の声も

着服した元行員が非難されると同時に、それを許した組織の管理体制に疑問を呈する声も出ている。

・何故その金額になるまで気付かなかった? 素朴な疑問

 

・着服して疾走した元行員が一番問題なのは当然。だが、3億以上のお金の動きがわからない内部体制も大いに問題

 

・金額がデカイ! 内部監査ってどうなってるの?

 

・怖い…銀行にお金預けるのが不安になるな

 

■30代男性の2割が職場から失踪

失踪

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1381名に「職場から失踪したことがある?」と質問したところ、もっとも該当率が高かったのは30代の男性。上記の銀行員が該当する層となった。

仕事のストレスを感じながらも、気軽に転職できない年齢に差し掛かったことで、「いっそのこと逃げよう」と極端な思考に走ってしまう人が多いのだろうか。

 

4億円もの大金を持ち逃げした元行員は、はたして今どこにいるのだろうか? 仮にうまく逃げ切れれば、一生遊んで暮らせそうな金額だが、いかに。

・合わせて読みたい→部下にプレゼントするため1億円着服 「なんていい上司なんだ」と呆れと羨望

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年10月23日~2015年10月26日
対象:全国20代~60代の男女計1,381名(有効回答数)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu