しらべぇ

綾瀬はるかが胸元でハンカチを温めて…『義母と娘』戦国調に困惑の声

10日に放送スタートされた『義母と娘のブルース』。その中で披露された綾瀬はるかの渾身の腹芸に関心する声が殺到。

エンタメ

(『義母と娘のブルース』)

綾瀬はるか演じるバリバリのキャリアウーマンが、結婚相手の娘に母として認めてもらうために奮闘するドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)の初回が10日に放送された。

工作員、お姫様、江戸娘とさまざまな役を演じてきた綾瀬はるかが、今回は仕事ができる生真面目な女という、これまでとはちょっと変わった役柄を演じる。

 

■名刺で自己紹介

数年前に母親が他界し、父・良一(竹ノ内豊)と父一人、子一人で生きてきた宮本みゆき(横溝菜帆)。ある日、みゆきの前に「戦国部長」の異名を持つキャリアウーマン・岩木亜希子(綾瀬はるか)が現れる。

良一の結婚相手となる亜希子は、名刺を差し出し挨拶をするが、みゆきは「この人嫌い」と一蹴。「最初の5分で心を掴めなければ、そのプレゼンは失敗」と言い、惨敗した亜希子はその場を去る。

このままでは終われない亜希子は、仕事の傍ら児童心理学を読みあさり、みゆきの心を掴むために策を練るが、裏目に出て好感度をさらに下げてしまう。

 

■みゆきのいじめ問題を解決

そこで亜希子は、みゆきが困っていることはないかと調査。するとみゆきは同級生の大樹(大智)にいじめられていることが判明した。

みゆきの学校へ向かった亜希子は、その現場を目撃。亜希子はみゆきに大樹と交渉しなければ、いじめられていることを何も知らない良一に言うと迫る。

良一に知られたくないみゆきは、勇気を振り絞って大樹のもとへ。大樹と口喧嘩をし始めたみゆきを見た亜希子は、もう大丈夫だと確信する。

この一件を通じ、みゆきは亜希子が義母になることを認め、合格採用通知を送る。それを受け取った亜希子は、みゆきを喜ばせようとまさかの腹芸を披露。みゆきは「こんな人は知らない!」と言い放つのだった。

 

■国民的女優が腹芸を!?

ラストのみゆきに向かって亜希子が腹芸を披露するシーンは、視聴者たちを大いにざわつかせた。

腹芸に思わず笑ってしまう人や、無表情でやりとげる綾瀬はるかにリスペクトの念を抱く人も…と、反応はさまざま。

中には、綾瀬はるかの鍛え抜かれた腹筋を見て、「よく腹芸ができたな…」と関心する声も。

 

■胸元でハンカチを…戦国調に視聴者困惑

さらに亜希子は、ビジネスをはじめとするあらゆる物ごとを戦国時代に例えることがクセである模様。「温めておきました」とハンカチを自身の胸元、シャツの裏側で温めて差し出す様子は、まるで豊臣秀吉のようだ。

この様子に困惑し、ツッコミを入れる視聴者が殺到。

だが、一方で「ゴクリ…」となった様子の人も見られる。

キャリアウーマン像がなかなか古いものの、ユーモア色が強くて気楽に観られる本作。次回以降の展開にも期待だ。

・合わせて読みたい→『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』沢村一樹の「男爵トーク」は未然に防げず

(文/しらべぇドラマ班・卯月 イラスト/みかごろう

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu