関西人の過半数「東京人はおもろない」 関西で使うと「嫌悪感を持たれる関東の言葉」が判明

『5時に夢中!』で関西人の東京人への本音を調査! 普段使う「あの言葉」にクレームが多発?

大阪
((C)ぱくたそ)

「話にオチがない」「ツッコミが下手」など笑いに関する不満や「温かみがない」といった人情不足を指摘するのが、関西人が東京在住者を否定する常套手段。

吉本新喜劇を代表する「笑い」に満たされ培われてきた自信、東京へのライバル意識からか、「東京人はおもろない」と考える関西人は多い…のだろうか。

10日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)で「関西人は東京人を面白くないと思っている」かを調査。驚きの結果と「関西で使うと嫌悪感を持たれる言葉」が判明し、話題となっている。

 

■「東京人はおもろない」と思ってる?

番組は大阪で聞き取り調査。カップルに話を聞くと「東京の人は面白くないと思う」と断言、「日常会話の中でボケても拾ってもらえない」と愚痴る。

東京出身のスタッフが「ボケに気づいていない」可能性を指摘すると、男性から「東京の人? やと思いました。ちょっとおもんなさそう」とチクリ。

「東京の友達が多い」女性は「話にオチが無くてキツイ」、年配の男性は「絶対おもろない、当たり前や。向こうの人間は冷たい」と、大阪の街にはイメージ通りの関西人が溢れていた。

 

■ちゃんとした関西人も

しかし中にはバランス感覚のある関西人も少なくない。

「別に東京人だからおもろないとは思わない」「東京の人でもおもろい人おるし、大阪でもおもろない奴いる」「人によるん違います」と言った意見もあり、ちゃんとした関西人もいると判明。

それでも、番組の調査結果では「東京人は面白くない」と思う関西人は62%と過半数を占めており、やはり「東京・関東人は面白くない」と考えている関西人が多数派だと明らかとなった。

次ページ
■関西人が嫌う関東言葉

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ