そんな具材で大丈夫か? セガの『納豆たい焼き』販売は13日まで

納豆たい焼きって…セガが掟破りのメニューを発売

グルメ

2018/07/12 07:30


 

■セオリー無視の大量納豆

横にすると、大粒の納豆が大量にはみ出ているではないか! イロモノの具材を入れるときは少な目に入れるのがセオリーなのに、無駄に入れまくるのはさすがエンタメ性を大事にするセガである。

パカッと割っても、納豆がゴロゴロ。おそらくたい焼き1個に対し、パック納豆1個分ぐらいの量が入っていそう。


関連記事:小室哲哉、KEIKOの話はデタラメだった? 文春砲に「おかしいと思ってた」の声

 

■納豆トーストと納豆モチの中間のような味

気になる味は、タレをつけるとまったく違和感ナシ。たとえるなら納豆トーストと納豆モチの中間のような味である。

ただ、納豆だけだと後半少し飽きるので、納豆とあんこのハーフにしてもらえると嬉しいかも。おそらくタレをつけなければ、あんこなど甘めの具材との相性もいいはずだ。


■納豆たい焼きは13日に販売終了

ちなみにセガのたい焼き屋さんが提供している納豆たい焼きは、13日で販売が終了する。

しらべぇ取材班は平日夕方の17時半に購入したが、最後の2個だった。必ず買いたいなら昼過ぎぐらいには確保しておくといいだろう。

・合わせて読みたい→NEWS・増田貴久、『MUSIC DAY』歌唱後の行動に「泣ける」と称賛の声相次ぐ

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(8枚)