銀杏BOYS・峯田和伸の乙女ぶりがヤバすぎる 「美少年に腕枕したい」

『今夜くらべてみました』に出演したロックバンド・銀杏BOYSの峯田和伸の乙女っぷりがヤバすぎた…

銀杏BOYS,峯田和伸
(画像は峯田和伸Instagramのスクリーンショット)

2003年、前身のバンド・GOING STEADY解散後に銀杏BOYSを結成した峯田和伸(40)は、日本のパンク・ロックファンから高い支持を受けてきた。

昨今はドラマや映画で役者としても活躍中の峯田が、11日放送『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演し「実は乙女」な素顔を披露。大きな話題となっている。

 

■美少女好きが行き過ぎて…

1日1時間ネットで美少女の画像を漁り、4万枚もの画像をコレクションするなど「美少女好き」を公言する峯田。

美少女への想いが行き過ぎ、「憧れ」続けた結果、いつの間にか「自分も美少女になりたい」願望が出てきたことを告白し周囲を驚かせたが、チュートリアル徳井義実(43)だけはその想いに共感する。

「女性が好きすぎて『俺は女性になりたい』ってなる。女好きの向こう側」と徳井は解説。「女性になって女子大のラクロス部に入りたい」夢を徳井が語ると、峯田も「吹奏楽部」に入部した設定での妄想を披露した。

 

■年下のカワイイ男性が好み?

19歳のころ、初めて広末涼子を見た峯田は「僕がいた」と感じ、髪型も広末を意識。このころから「僕の中に少女がいる」ことを強く認識したという。

乙女な素顔をのぞかせきた峯田だけに「だんだん、年下のカワイイ男性を見ると『腕枕してあげたいな』ってなってきた」ことも告白。

共演経験もある若手人気俳優・吉沢亮が一押しで「膝枕して耳かきしてあげたい」と願望を口にし、スタジオが悲鳴に包まれた。

次ページ
■書類送検された峯田の乙女ぶりに…

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ