横山だいすけお兄さんの「裸がスゴイ」 ママたちが反応「飢えてるのかしら」

「水も滴るいい男」とはまさにこのこと…? だいすけお兄さんのサービスショットにママたちが熱狂

エンタメ

2018/07/12 15:30

横山だいすけ
(画像提供:『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(C)フジテレビ)

2017年3月に、NHK教育テレビ『おかあさんといっしょ』のうたのお兄さんを卒業した横山だいすけ(35)が、11日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系)に出演。

歴代最長となる9年間、うたのお兄さんを続けていた中での「ある思い」について明かされ、思わぬシーンにも大反響が寄せられている。

 

■「うたのお兄さん」が直面した悲しい出来事

同番組では、横山が約10年ぶりに取得したという長期休暇で、1人ハワイ旅行を楽しむ様子に密着。その中で横山は、歌のお兄さんを続けてきた中でのあるエピソードについて語った。

「生まれてくる命もあれば、消えていく命もあって…。9年間うたのお兄さんをやっている中で、ずっと小さい頃から入院していて、『おかあさんといっしょ』を観ながら励まされましたと、退院できないまま亡くなってしまった子の親御さんから手紙をもらったこともありましたし。…それはつらかったですね」

 

と明かし、スタジオでは涙を拭う出演者も。

卒業後には「歌のお兄さんとは違う路線でいったらどうか?」と持ちかけられたこともあったそうだが、「(子供にこだわることを)捨てるのは僕の生き方にはなくて」と、今後も子供と触れ合う活動を続けていくという。

 

■だいすけお兄さんの思いに視聴者も涙

ひたむきに歌と子供にこだわり続ける理由に、視聴者がも涙。横山の思いに多くの反響が寄せられている。

「ずっと歌い続けてほしい」という声や、「『お母さんといっしょ』は見ていなかったけど、今日の番組を見てファンになった」という人も少なくないようだ。

次ページ
■ハワイではシャワーシーンも

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ