パネマジ被害の風俗客が勘違いで店員に暴行 「気持ちはわかる」と同情の声も

夜のお店のパネルマジック被害は、男性にとっては深刻な問題?

ソープランド

11日、福岡県警博多署は暴行容疑で福岡市東区の派遣社員の男(39)を現行犯逮捕した。

ネット上ではこの事件が起こった原因とその顛末に、同情の声も出ている。

 

■HPの写真と実物が異なり、トラブルに

西日本新聞」によると、逮捕容疑は同日午後9時10分頃。博多区中洲のコンビニエンスストア前で、風俗店の男性店員(32)の両腕や首をつかんだ疑い。

この直前に、容疑者は被害にあった男性が勤務する風俗店に来店。だが、応対した女性の容姿がHPで見たものと違ったためトラブルになり、男性らから退店を命じられていた。

そしてその後、容疑者が店の近くのコンビニにいたところ、両替のためにやって来た男性と鉢合わせになり、「殴られると勘違い」して、いきなり襲い掛かったという。

なお、取り調べに対して容疑者は「首はつかんでない」と容疑を一部否認しているそうだ。

 

■「店も悪い」「気持ちはわかる」

これに対し、ネット上では…

・純粋やな(笑)

 

・これは色々ひどい

 

・パネマジはたしかにムカつくよな

 

・これは店側が悪いな。パネマジしてトラブルの元を作ったのが悪い

 

・殴りたくなる気持ちはわかる。が、殴っちゃいけんわな

 

などの声が。パネマジ経験者と思われる男性からは「気持ちはわかる」など、同情の声も出ている。

 

■写真加工経験率は?

しらべぇ編集部では以前、全国20〜60代のSNSユーザーの男女648名を対象に、「盛った写真をアップする人」についての調査を実施。その結果、全体ではおよそ15%の人が人物がキレイになるように写真を加工した経験があった。

夜のお店の何割が加工されているのかは不明だが、そんなにも写真とHPが別人だったのだろうか…?

・合わせて読みたい→公務員の女(60)が男性駅員に暴行 「理不尽極まりない理由」に怒りの声

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代のSNSユーザーの男女648名(有効回答数)

あなたにオススメ