涙腺崩壊の『グッド・ドクター』 山崎賢人のリアル演技に「差別なくなれば」の期待も

山崎賢人主演の『グッド・ドクター』初回が放送され、主人公・湊と子供のピュアさに号泣者が続出

山崎賢人
(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

12日夜10時より『グッド・ドクター』(フジテレビ系)の初回が、15分拡大で放送された。

主人公・新堂湊を演じる山崎賢人の演技のリアルさや、子供のセリフに泣かされる人が続出。称賛の声と共に同作の魅力に早くもハマる人が大量発生し、大きな注目を集めている。


 

■障がいへの差別を受ける湊

山崎賢人
(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

自閉症スペクトラム障がいでサヴァン症候群でもある新堂湊(山崎賢人)は、小児外科医を目指し大学を首席で卒業。レジデントとして勤務するため東郷記念病院へ向かう途中、子供が事故に遭い大怪我をした状況に遭遇する。

山崎賢人
(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

適切な応急処置を施して子供に付き添う形で病院へたどり着き、湊は心エコーが必要だと訴えるが、状況を上手く伝えられず、話を聞いてもらえない。

戸次重幸,中村ゆり,柄本明
(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

湊を知る病院長の司賀明(柄本明)を除き、理事長の東郷美智(中村ゆり)、小児外科の科長・間宮啓介(戸次重幸)、主任の高山誠司(藤木直人)ら病院関係者は、障がいを理由にレジデントとして採用することに難色を示す。

山崎賢人,上野樹里
(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

指導医となった瀬戸夏美(上野樹里)も、医師としてのポテンシャルは感じながらも、コミュニケーションの面で問題を起こす湊に腹を立て、

山崎賢人,藤木直人
(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

小児外科のエースである高山は「定時に来て、定時に帰れ」と、湊に何もさせまいとする。さらに、入院する子供の親たちも、湊に厳しい目を向けていた。


 

■「慣れています」にグサッと

(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

横紋筋肉腫を再発した将輝(嶺岸煌桜)への告知で、湊の対応に母親は激怒。湊を将輝に接触させないよう、間宮と夏美に要求する。しかし、急変した将輝の容態を的確に指摘し、看護師・橋口太郎(浜野謙太)のアシストもあって、危機的な状況を救ったのは湊だった。

母親は湊に礼を言い、それまでの態度を詫びる。すると湊は

「大丈夫です。僕は人と違います。慣れています」


と、言うのだ。このセリフに「泣く」「これはつらい」「グサッときた」という人たちが多い。

また、「自分もそうだ」という、コミュニケーションに問題を抱えている人たちの声も少なくなかった。

次ページ
■子供の「ハッピーバースデー」に…

この記事の画像(11枚)

あなたにオススメ