連休の猛暑日、被災地は「危険」レベルに ネットでは心配の声が相次ぐ

気象庁が猛暑日が続くと発表。被災地では、熱中症と感染症に注意。

地域

2018/07/13 20:00

(PraewBlackWhile/iStock/Thinkstock)

13日午後2時半から気象庁は記者会見を開き、「東日本・西日本ともに、今月下旬にかけて気温がかなり高い状態が続く」と発表。最高気温が35度を超える猛暑日が、まだまだ続くのだ。

特に被災地では、環境の変化によって熱中症のリスクがより高まるという。



 

■被災地は「危険」なレベル

また、環境省は同日、熱中症予防を目的とした「暑さ指数」の週末の予想を公表。「ほぼ安全」「注意」「警戒」「厳重警戒」「危険」の5段階で示されており、北海道を除くほぼ全ての地域で「警戒」以上になっている。

被災地では指数が高くなる時間帯が続く見込みで、14、15の両日の日中に「危険」となるのは広島市や広島県福山市、岡山県倉敷市、愛媛県大洲市などだ。


関連記事:「千羽鶴はただのゴミ」「万札で折るべき」 被災地支援の千羽鶴に賛否が相次ぐ

 

■「神様お願いします」被災地を心配する声

まだまだ続くとされる猛暑日に、ネットでは被災地の人たちを心配する声が相次いでいる。

次ページ
■ボランティアへの心配も

この記事の画像(1枚)