トラウマになることも…学生時代に男性教師にされたセクハラ3選

教師にされたことが嫌な思い出として残ってしまうケースも…。

子供 セクハラ
(Tomwang112/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

近年、男性教師が女子児童に手を出す犯罪は多くなっている。しかしクローズアップされていないだけで、じつは昔から一定数あったのかもしれない。

しらべぇ取材班は、「学生時代に教師からセクハラを受けたことがある」という女性たちに話を聞いて見た。


 

①マッサージと称して体を触られる

「一番後ろの席にいたときに、授業中にマッサージと称して背中や腰を揉んでくる男性教師がいました。別に、胸などを露骨な部分を触られたわけではないけれど、子供心にもなんとなく触り方が気持ち悪くて、今でも記憶に残っています。


子供だし先生に『やめてください』とも言えないし、親や友達にもなんだか気まずくて言えなかったですね…。たとえ、親しさを込めてだったとしても、大人の男性が女子生徒の体にベタベタ触るのはやっぱりおかしいと思う」(20代・女性)


関連記事:『イッテQ』出川ガール・堀田茜に批判殺到 「出川との体操に嫌悪感」のワケ

 

②上半身裸になる場に男性担任が…

「小学校六年生の頃に、内科検診でみんなの前でひとりずつ上半身裸になることがありました。男子生徒と女子生徒は仕切りで分ける配慮をされたのに、なぜか男性担任が女子の部屋の後ろについて見ていたことが…。


思春期のときは同性の友達に見られるのも恥ずかしいから、『みんなで下を向いてお互いに見ないようにしよう』とクラスメイトは約束していたのに、オジさん担任にがっつり見られるのは子供であっても不快でしたね。


今はもう流れが変わって、こういうことはなくなっているかもしれませんが、そういったデリケートな場は女性の先生しか入れないようにするべきだと思う」(30代・女性)

次ページ
③保健室で寝ていると覆いかぶさってくる

この記事の画像(2枚)


あなたにオススメ