吉川ひなの、歌手時代は「知らずに口パクさせられていた」 CDバブルが生んだ悲劇

『ダウンタウンなう』に吉川ひなのがゲスト出演。歌手活動をしていた時代に「知らずに口パクをしていた」ことを告白した。

吉川ひなの
(画像提供:『ダウンタウンなう』©フジテレビ)

13日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ・関西テレビ系)にて、恒例の「本音でハシゴ酒」企画が行われた。ダウンタウン、坂上忍、小島瑠璃子が、ゲストと酒席でトークを繰り広げる。

2軒目ゲストには、1990年代にモデル/タレントとして大人気を博し、現在は2児の母としてハワイで子育て生活を送っている吉川ひなのが登場した。

 

■「歌は迷惑だと思って辞めた」

13歳でモデルとしてデビューした吉川は、愛らしいルックスと抜群のプロポーション、天然キャラとアニメ声といった強烈なキャラクターで一躍人気者に。現在で言う藤田ニコルのような存在感で愛されていた。

ファッション誌やバラエティ番組、テレビCMのみならず、ドラマや映画にも出演。1997年には『ハート型の涙』(ポニーキャニオン)で歌手デビューも果たしている。

その当時に『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』(フジテレビ系)にも出演している吉川。ダウンタウンともそこで共演していたことになる。

吉川は当時を振り返り、「自分ではちゃんと歌ってると思っていて、最後に『ありがとうございました』って言ったらマイクが入ってなかったんです」と告白。「私、口パクだったんだ」とその瞬間に初めて気がついたという。

故・朝本浩文らの手による楽曲そのものの質は高く、コアな音楽ファンからも評価されていたが、吉川自身の歌唱力に難があったことは本人も認めている。「あまりにも迷惑かなと思って(歌は)辞めました」と苦笑交じりに語った。

 

■誰もがCDを出していた時代

90年代はCD業界のバブル期だったこともあり、少しでも売れる可能性ありと見られれば、あらゆる芸能人がCDデビューをさせられていた時代だった。いわゆる「小室ファミリー」を筆頭に、ミリオンヒットが連発していたことが背景にある。

坂井真紀
(画像提供:『ダウンタウンなう』©フジテレビ)

この日1軒目ゲストの女優・坂井真紀も例外ではなく、オンエアでは坂井の『HEY!HEY!HEY!』出演シーンも。さらに坂井のデビュー曲『太陽が教えてくれる』(EMIミュージック・ジャパン/1993年)は、秋元康&後藤次利の黄金コンビが手がけるも全く売れなかったという事実にも言及された。

次ページ
■「90年代女優」というジャンル

あなたにオススメ