ミスに怒り80周走るよう部員に命令→熱中症で救急搬送 大津市中学校顧問に怒りの声

滋賀県大津市でありえない事件発生。顧問の言動と行動に怒りの声が続々…

社会

2018/07/14 19:00

(PraewBlackWhile/iStock/Thinkstock)

 

滋賀県の中学ソフトテニス部の部員が、顧問から「校舎の回りを80周走れ」と指示され走っていたところ、熱中症となり倒れ救急搬送されていたことが判明。

その指導方法に怒りの声が上がっている。

 

■80周走るよう命令され熱中症に

事件が発生したのは滋賀県大津市。12日午後、ソフトテニスの練習でミスが目立った部員に対し「校舎の回りを80周してこい」と懲罰の意味で命令する。

部員はそれに従い走っていたが、午後5時10分頃に倒れている様子を作業中の工事業者が発見。直ちに救急搬送され、医師によって熱中症と診断された。

 

■当時の気温は30.1度

当時滋賀県大津市の気温は30.1度で、かなりの猛暑。そのなかを水分補給もせず走れば、倒れるのは当然だ。仮に発見が遅かった場合、死に至っていかもしれない。

なおその当時顧問が何をしていたかはわかっていない。倒れたことに気がつかなかったことを考えると、部員を走らせ、自身は冷房の効いた部屋にいた可能性もある。

次ページ
■ネット民は怒り

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ