こんな人だったの? お酒に酔ったときに見た人間の本性3選

泥酔して日常では隠している姿が出てしまう人も…。

酒
(ronstik/iStock/Thinkstock)

お酒に酔ったときに、タガが外れてしまう人は少なくないだろう。中には、普段は隠している一面が見えてしまい、周りを呆れさせる人もいるようだ。

しらべぇ取材班は、「お酒に酔ったときに見えた他人の本性にドン引きしたことがある」という人々に話を聞いてみた。


 

①いじめっこ

「普段はだれに対してもニコニコして、良い子だと思っていた子がいました。でも酔ったら、同じ飲みの席にいる気弱そうな女子をバカにした挙句に、顔面を笑いながら叩く。


やられている子は半泣きになっているけれど、その酔っている子はやめないどころか、いじめているのを楽しんでいるような意地の悪い目をしてケラケラ笑っていてドン引き。


これ以降は、どんなに笑顔で明るく接せられても性格が悪い子にしか思えなくなった」(20代・男性)


 

②かまってちゃん

「ものすごく明るい上司がいますが、酔うと『子供の頃に親にかまってもらえなくてつらかった。だから俺は拒まれるのが怖くて人に愛情を見せられない』などと泣き出します。


でも話を聞く限り、別に虐待などされたわけではなく、ただ忙しいときに『あっちで遊んでて』と言われただけ…というレベルのもので。部下に泣きながら打ち明けることでもない。


いつも明るい裏では意外とメンタルが弱くてかまってちゃん体質なんだなと思ったら、申し訳ないけれどナヨナヨしく見えるようになった」(20代・男性)

次ページ
③下ネタ好き

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ