「非正規の格差をなくせ」に不満の正社員女性 強気な投稿に賛否が相次ぐ

「非正規雇用の格差をなくせ」の声に不満の女性。その理由に賛否が相次ぐ。

職場で悩む女性
(tuaindeed/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

従来の働き方が見直されている昨今だが、一方で非正規雇用の問題については解決していない。正規雇用との格差をなくすべき、といった声は今も相次いでいる。

しかし、中には「格差をなくせ」という声に異論を唱える人も。女性限定匿名掲示板『ガールズトーク』のとあるトピックが話題になっている。

 

■非正規は「努力しなかった人」

正規と非正規の格差をなくすべき、という声に「納得いかないのは私だけでしょうか」と訴えた投稿者の女性。

資格がありフリーランスで成功している人は、格差を訴えないとし、こういった声をあげる人について「何の資格もなく、大した努力もせず、世の中のせい、会社のせい、人のせいにして、正社員にならなかった(なれなかった)人」と持論を展開する。

投稿者自身は就職活動に失敗したようで、そこから努力をして資格を取り、結婚や出産を経て、非正規で働きながら、勉強して、家事もして、育児もして、そしてその努力が実って正社員になったという。

「努力したから今がある」と自身を振り返り、「自分の人生の責任は自分で取らなきゃいけない。自分は何もせず、会社になんとかしてもらおうと、社会になんとかしてもらおうという考えが甘すぎて、とっても嫌い」と掲示板に訴えた。

 

■「格差はやっぱり不公平」

正社員と業務量が同じにもかかわらず賃金が低いことから「格差」といわれてきた同問題。

同一労働同一賃金の適用など、これから働き方改革が行われようとする時代の流れだけに、投稿者の意見には批判の声が寄せられた。

・怠けて来たのにズルい~とかそういう小学生みたいな話とは違いますよ

 

・こき使うだけ使って評価しないのは不平がでるのは当然だとおもいます

 

・楽な仕事してるのに社員と同じ賃金にしろっとは言ってないですよね。同じ仕事をしてるのに社員と非社員の賃金の格差はやっぱり不公平なんじゃないですか?

 

次ページ
■「努力して正社員を目指せばいい」

あなたにオススメ