生活保護受給者が自殺して「良かったじゃん」 『ケンカツ』初回から社会派すぎる

吉岡里帆が新米ケースワーカーを演じる『ケンカツ』。社会を切り取るセリフに注目。

ケンカツ
(画像は公式サイトのスクリーンショット)

吉岡里帆主演ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(関西テレビ系)の初回が17日に放送。社会派なストーリーと攻めたセリフが早速話題になっている。


 

■『ケンカツ』とは?

本作は柏木ハルコ氏の同名マンガの映像化作品。新人公務員の主人公・義経えみるが、生活保護受給者を支援するケースワーカーの仕事に配属されたことをきっかけに、色んな人生と向き合い、奮闘していく姿を描く。


 

■生活課に配属

映画監督を目指していたが挫折し、安定と平凡を求めて公務員になった義経えみる(吉岡)は、生活保護受給者を支援する生活課に配属される。

先輩ケースワーカーの半田明伸(井浦新)から担当を任されるえみるだが、新人にも関わらず110世帯という多さだった。

そんなある日、役所に一本の電話が。平川というその男はえみるの担当受給者で、「これから死にます」と言ってきたのだ。これに対し、えみるは当然大慌てになるが、前任者や親族は「いつものこと」という感じ。

次ページ
■受給者が自殺 「良かったじゃん」と言う先輩

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ