2歳長男をゴミ袋に入れて放置した男 残虐行為の数々に「人間じゃない」と非難相次ぐ

当時2歳の長男をゴミ袋に入れて放置した父親。虐待の実態に怒りが相次ぐ。

(yaoinlove/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

滋賀県大津市で当時2歳の長男をゴミ袋に入れたまま放置したとして、警察は17日に左官の男(44)を暴行と傷害の容疑で逮捕した。

我が子を物のように扱う残酷さに、ネット上では怒りの声が相次いでいる。


 

■「ゴミ袋」に放置、頭を踏みつけも…

報道によれば、男は昨年3月に自宅で長男をゴミ袋に入れて袋の口を結んで、数分間放置したとみられている。

その他にも、去年12月には長男にペンを投げつけ、頭を踏みつけるなどして、額に全治5日の軽傷を負わせた疑いがもたれている。また、男は先月には顔に平手打ちをしたとして傷害の容疑で逮捕・起訴されていた。

男は警察の調べに対して「ゴミ袋に入れたのは間違いない」としつつも、ペンは投げていないと一部容疑を否認している。

また、『読売新聞』によれば、ゴミ袋の一件を妻から相談を受けた市は、昨年7月末まで電話や家庭訪問などをしていたという。その後、虐待の兆候はみられないとして見守り活動を終了したが、今年4月に妻から再び相談があり、県警に通報していた。


 

■「親以前に人間のすることじゃない」

報道を受け、「Yahoo!ニュース」やツイッターでは長男に対する同情の声や、「頭がおかしい」「人間じゃない」と男を非難する声が相次いだ。親であってもときには子供に怒りをおぼえることはあるだろうが、だとしてもゴミ袋に入れるのは常軌を逸した行動といえるだろう。

・これがトラウマで閉所恐怖症とかにならないことを願う


・こんなバカ親の方こそゴミ袋に入れるべきなんだが


・我が子をごみ袋に入れて放置なんて親以前に人間のすることじゃない。自分は2歳の頃の記憶はほとんど無いが、この2歳の子は辛すぎる体験ゆえに記憶が残ってしまうのかな


次ページ
■母親の行動に賛否も

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ