しらべぇ

松本人志、「流行ってるって嘘つくのやめよう」 チョコプラ考案USAゲームを痛烈批判

YouTuber界隈だけの流行疑惑が生まれ、グダグダっぷりに「放送事故では」とのネットの反応多数

エンタメ

松本人志

(©ニュースサイトしらべぇ)

22日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、若者の間で流行しているらしい「USAゲーム」を取り上げた。

 

■チョコプラ考案「USAゲーム」とは

USAゲームとは、DA PUMP「U.S.A.」を見て、お笑いコンビのチョコレートプラネット長田が考案したゲーム。

サビ部分である「カモンベイビーアメリカ(国名)」のリズムに乗って、アメリカ(国名)あるあるを言っていくゲームだ。

アメリカの部分がお題であり、アメリカ以外にも色んな国に置き換えることもできる。「カモンベイビーイタリア」なら「どこでもパスタ茹でる」みたいに繋いでいくのだ。

リズムに乗って古今東西をいうのなら「七人のしりとり侍」や「数取団」などもあったが、このゲームはあるあるを言うため、更に上級者向けの遊びのように見える。

 

■USAゲームがYouTuber界隈で流行

USAゲームをISSA本人がツイッターで反応したことで、ネットで拡散。

このビッグウェーブに対して、トップYouTuberであるフィッシャーズや東海オンエアが、様々なお題に挑戦の動画を投稿。これに対して、若者代表としてワイドナ女子高生の安田 愛音がコメント。

安田:フィッシャーズさんの動画で知りました。チョコプラさんのことはちょっと知りません。フィッシャーズさんは、YouTubeを見てなくても、わかるんじゃないかなってぐらい。YouTuberさんの動画をみて、みんな知ってます。

 

YouTuberたちは国名どころではなく、「さすまた」や「おばあちゃん」のように、色んなお題に挑戦して楽しそうだ。

番組では、出演者たちによるUSAゲームへの挑戦をすることに。

 

■もはや放送事故一歩手前のグダグダに

本放送の出演者である、RAG FAIRの土屋礼央、石原良純、フリーアナウンサーの大橋未歩、松本人志の順にUSAゲームをするも、グダグダで、なかなかトリの松本までいかない事態に。

土屋はうまくやるのだが、石原がどんどん止めていく。それどころか大橋も「カモンベイビー」を「ベイビーカモン」と言い間違えるなどポンコツを発揮。

前園真聖、安田、芸能リポーターの駒井千佳子、弁護士の犬塚浩のチームも挑戦することになったが、なんと女子高生である安田がまったくできなくて、こちらもダメ。

さすがの松本も泣き言。

松本:まさかのですよ、これはもうせまいワンルームでやるようなこと。スタジオでやることじゃなかった。すっげえ残尿感…。

 

あまりにもグダグダな有様にネットで「放送事故では」の声で埋め尽くされる。

 

■視聴者からのアイデアも

滑りまくるUSAゲームのコーナーに対して「面白くするためにはこうすれば」と遊び方を提案する人たちも。

 

■松本がUSAゲームを弄り倒す

USAゲームに苦戦したワイドナショー出演者たち。締めの段階で松本が、石原に対してUSAゲームネタをぶっ込んだ。

松本:良純さんは家帰ってお父さんとやってください。お父さんどんな感じになんのかな。ずっとキライの一点張り。キライ、キライ…って。

 

まさかの石原慎太郎ネタで笑いを誘う。さらに、USAゲームに関しても痛烈批判。

松本:流行ってないもんを流行ってるって嘘つくのやめよう。これは番組の品位が下がるよ。

 

松本の最後のコメントに対して視聴者もさすがに共感。

 

■YouTubeの影響力が高いのか

テレビはつまらない年代別グラフ

しらべぇ調査の結果では、20代から60代のうち、テレビがつまらないと感じる人の数はどの年代でも半数近い数値である。自然と若者であればYouTubeを観ている人は増えており、流行とされるものにYouTuber発信のものも増えていくのだろう。

だが、松本の言うように、YouTuberのコンテンツは、テレビに比べてスケールの小さいものが多い。それゆえに、かつて流行したコンテンツよりも狭い世界の流行が、そう呼ばれるようになりつつあるのかも。

・合わせて読みたい→長嶋一茂、剛力彩芽のインスタ騒動を「どうでもいい」と一蹴 ネットは共感の嵐

(文/しらべぇ編集部・モトタキ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日
対象:全国20代~60代の男女1,477名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu