高畑充希『忘却のサチコ』10月に連ドラ化! 放送はテレ東の鉄板「飯テロ」枠に

正月にスペシャルで放送され大好評だった「飯テロ」ドラマが、『孤独のグルメ』と同じ枠に登場

1月2日夜11時15分からテレビ東京系で放送され、人気を博した『ドラマスペシャル 忘却のサチコ』が、10月から金曜深夜「ドラマ24」での連続ドラマ化が決定した。

原作は阿部潤著の人気コミック『忘却のサチコ』(小学館)。主人公・佐々木幸子(以下、サチコ)を高畑充希が演じ、その見事な食べっぷりで話題を呼んだ作品だ。


 

■テレ東の鉄板「飯テロ」枠に

((C)阿部 潤・小学館/「忘却のサチコ」製作委員会)

テレビ東京の「ドラマ24」といえば、深夜にもかかわらず数々の話題作を世に送り出している枠だが、その代表作のひとつとして挙げられるのが超人気シリーズ『孤独のグルメ』。

この「飯テロ」ドラマの筆頭ともいえる作品と同じ枠にするだけでも、テレ東の今作への自信と気合いを感じるし、「飯テロ」ドラマファンはワクワクが止まらないだろう。

改めて、本作のイントロダクションをチェックしてみると…

『忘却』…旨いものをただひたすらに味わった瞬間に達する美食の境地。


完璧な仕事ぶりから“鉄の女”と称される文芸誌編集者の佐々木幸子(高畑充希)は、結婚式当日に新郎・俊吾が突如、失踪…それから数か月。忘れるために美食に目覚めた幸子だが、放浪癖のある作家や引きこもりの作家、さらに空気の読めない新入社員の登場で、度々、俊吾を思い出してしまう…。


俊吾を思い出した時、幸子が選ぶ忘却グルメとは―?そして…消えた俊吾が再び幸子の前に―?


前作では、その姿がはっきりとは明かされなかった俊吾だが、「逃げた婚約者・俊吾を演じる意外なキャストにもご注目いただければ」とテレビ東京・木下真梨子プロデューサーがコメントしており、誰が俊吾を演じるのか期待が高まる。


 

■高畑充希が松重豊に食べ方の秘訣を聞くも…

“鉄の女”サチコを演じ、こんなコスプレ姿も見せてくれた高畑。

今作に向けてのコメントの中で、連ドラ化への喜びを語ると共に「原作にある『幸子さんがコスプレする回』がお気に入りなので連ドラにこのエピソードがあると良いな、と思います」と語っている。

また、『孤独のグルメ』について前述したが、その主演・松重豊にアドバイスを求めたようなのだが…

「連ドラなのでやはり食べるシーンが増えるから、少しずつ食べるシーンを上達させたいです。うどんが大好きなので、うどんは食べたいな…(笑)


先日、食べ方の大先輩の松重豊さんと現場が一緒で、松重さんに『食べるシーンのコツを教えてください』と聞いたんですけど、『絶対内緒』って(笑) 自己流を探していきたいなと思います!」


とのことで、五郎の食べ方は企業秘密だったらしい。

なお高畑は4月、CMキャラクターを務める江崎グリコ『牧場しぼり』のイベントで、「美味しいもの食べて、寝たら、大概のことは忘れられますね」と“リアルサチコ”なコメントをした上に、真剣にアイスを頬張る表情は、すでに充分サチコを彷彿とさせていた。


■待ちきれないファン続出の予感

10月からの放送だが、じつは正月の放送直後から連ドラ化を希望する人は多く、その後も度々「連ドラ化しないのか?」という声があった。

食欲の秋を飾る10月スタートの『忘却のサチコ』。今から「待ちきれない!」となる人が続出することは、間違いなさそうだ。

・合わせて読みたい→高畑充希主演「飯テロ」ドラマ『忘却のサチコ』の食べっぷりに期待

(文/しらべぇ編集部・くはたみほ

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ